FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

これから先をどう過ごしたいでしょうか?

Posted by 鶴木マキ on   0 

2019年も半分が過ぎてしまいました。

「もう」と感じますか?「まだ」と感じますか?

年を取って来た私は「もう」と感じてしまいます。
中途半端に大人だったころはそれほど半年の期間を気にしたことがありません。
しかし今の年齢を考え、メインの職場であと最長で何年働くことができると考えると
先が見えてきたなと思えてきます。すると「もう」と感じてしまいます。

そればかりではないかもしれません。
時間が早いと感じるのは日々が忙しいから、日々まだ覚えることで溢れているから
であり、慣れた場所で何も変わらず安定して予定調和の日々を送っているときっと
時間もゆっくり感じるのではないでしょうか?
「今日」の続きが「明日」だと思う日々を送っていれば「まだ」だと感じるのだと思います。

さて、日々が目まぐるしいのは気持ちの上でも刺激があり、
考えることも沢山あり大変さと楽しさが同居しているのですが
それで満足出来ないのは、この状態にいずれ終わりが来るのが分かっているからです。
だから「もう」と思うのです。

だから今の私は定年退職して家にいるサラリーマンの気持がわかります。

第二の人生を今から用意しておきたいので、その時がきたら何ができるだろう?
と考え始めています。
今の様に大変さと楽しさが詰まった日々をもう少し送りたいなと思うのです。

今のあなたの強みは何でしょうか?
それを役立てるために何ができるでしょうか?
どんな準備をしているでしょうか?
人が幸せで過すのは、日々が充実していると感じることだと思うのです。

あなたは日々どう感じていますか?どう感じて生きていきたいでしょうか?

スポンサーサイト

素敵にリセット瞑想会

Posted by 鶴木マキ on   0 

7月に入りました。

7月15日(祝日)は銀座で瞑想会があります。
今回の瞑想会は「活性」「リラックス」「入眠」とモード別のお話が聞けます。
これから夏本番に入ります。暑さでからだもぐったり、眠りも浅い、などなど色々と
からだの不調がでてくる時期。
夏本番に備えて自分をコントロールする瞑想を覚えてみるのも良いかと思います。

↓香衣さんのブログにてご案内いたします。
素敵にリセットする瞑想会

「生かされている」こと

Posted by 鶴木マキ on   0 

「生きている」というより「生かされている」と考えると

毎日を一生懸命生きようと思う、ということを
この6月中の記事に書いてきました。

もし毎週ブログを楽しみにしている読者がいたなら、
少しでも考え方や感じ方が変わったかな?
変わるようになってくれたらいいな、と思っています。

人が他の生き物と違うのは、ただ「生きている」のでは
ないからなのだとここで書いておきたいと思います。

ただ「生きている」と本能で感じていると、本能で
「死にたくない」となるでしょう。

でも人間だけは「生かされている」と思うことができるから
死ぬ時もまた決められて死んでいくのだと考えることができます。
つまり生死というのは自分で決められるものではなく、
どこか人のあずかり知らぬところで決められている。
偶然に生まれた訳でも偶然に死ぬのでもなく全て整った状態で
この生を過ごすのだと思います。

そんなのおかしい、つまらない人生だと思うでしょうか?
しかし、私たちはそれがいつなのか知らされていない。
分かってしまえば上記の様に思うかもしれない。
だけど分からないから今を誠実に一生懸命善く生きようと思うのではないでしょうか?

実は生きることの命題はこのことであるような気がしてなりません。

そう思うと、どんな時でも、どの様な状況でも目いっぱい生きようという気持ちになります。

「生きる」ってなんだろう

Posted by 鶴木マキ on   0 

「生きる」というWordが2週にわたり出ているので、

「生きる」ということはどんなことだろうと少し考えてみたいと思います。

生まれたのだから生きるのは当たり前だと考えたことがない人は沢山いると思います。

当たり前すぎて考えるまでもない。そんなところでしょうか。

しかし、なぜ私たちが生まれたのか考えてみるとさっぱりわかりません。

それはDNAとかの話をしている訳ではなくて、どうして今この場にいるのかは
本当に不思議なことなのです。

こんなに不思議な中生きているのだからきちんと生きたいと思うのはしごく当然です。
そしてこの場にいる不思議を思うと、生きているというよりも、生かされているんだと
思えてきます。

自分の意思(表面的な意識のことです)で生まれてきたというよりも、
生かされていると考える、と今ここにいること自体が
奇跡的なことだと思えてきます。

そう思って周囲をみると、周囲もみんな奇跡の塊なのだなぁと思えます。
この偶然だと私たちが感じている奇跡の塊を前にすると、この偶然の奇跡は
どうしておきているのだろうと思えてきます。

するとやっぱりそれはこの場を作ったものに気持ちが向かいます。

前にも書きましたがそれが分からないから神様といいます。
全てを作った存在。

神様が私たちが生きることを許可しているのだと思うと
日々を真剣に生きようという気持ちにならないでしょうか?

自分に嘘なく生きるとは?

Posted by 鶴木マキ on   0 

先週、日々を善く生きるとは「自分に嘘なく生きる」ことだと書きました。


この「自分に嘘なく生きる」とはどういうことでしょうか。

自分の気持に正直になって生きること。

つまり、

あぁこんな自分じゃヤダなー、
こんなことめんどくさいなー。

なんて思っている気持ちをまず正直に受け止めることなんだと思います。

嫌だとか、めんどくさいなどのネガティブな発言を今自分はしているけれど、
だからと言ってこのままでは何もかわらない。

このままでいいのか?ということになります。

良い訳じゃないからネガティブな発言をしている。
ということは、この状態を自分は嫌なのだということまでを受け容れます。
そしてただ認めるだけでなく、自分がどうやって改善していけるか考えることです。
なぜなら、この状態が嫌な訳だから。
本当にしたいことは何なのか?

こうありたいと思うことまで思い描けて、それに向かって真っすぐ向かうことが

「自分に嘘なく生きる」ことだと思います。

こうして歩んでいくと、失敗した時に周囲のせいにしなくなると思います。