スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悩みを受け止める

カウンセラーにせよ、相談役にせよ、悩みを解決する知識が必要になります。

解決は相手の傷を癒す事ではありません。
本人は乗り越えたいんです。

引きこもりになっても、引きこもりから本人は脱出したいんです。
でも、出来ないんですよ。

うつ病でやる気失っていても、うつ病から脱したいんです。

その方法を助ける知識は経験なんですよ。

多分、1番は、カウンセラー本人が似たような経験をしていて、同じ気持ちになって、
自分はこうやって克服したよという話が出来るくらいの人が説得力あるのではないでしょうかね?

マニュアルの知識を真似しても恐らく上辺の優しさだと本人は分かるものだと思います。

離婚したいんですも同じです。

本気じゃないんですよ。それほど苦しいんです。
別れたいと思っているほどと言いたいんですよ。

そして、離婚は不安の塊になるんです。
不思議なんですよね。若い頃は一人暮らししていたのに、暮らしていけるのに、
年を重ねると、生きていけないと思ってしまうんです。

自分の得意分というものがあると思います。
こうした引きこもりを経験した人はスクールカンウセラーに向いています。
そしてその子供達の悩みを助けたい、もう一度復帰させてあげたいという
その気持ちからカウンセリングが出来るんです。

その専門の経験を活かして、子供達を助けられる。
月に1、2回しかスクールカウンセラーはやってきません。

その時を逃したら悩みを言うことが出来ない、いや、そういう特別な取り扱いだからこそ、
門を叩くことが出来ないんです。敷居が高いんですよ。

もっと手短に、もっと気軽に、相談出来るところがあったら・・・

会社の問題も社会人になったことがない人はその社会人の気持ちは解らないです。
縦社会の厳しさや、会社組織の厳しさ、辞めたくなる気持ち。
人間関係の複雑、セクハラ、パワハラなど、経験をした人の言葉が知りたいんですよ。

同対処したのかと。

解らないから、今の自分、これからの自分はどうしたらいいの?何をすればいいの?
迷いとはそこなんですよ。

だから、そのどうすればいいの?の話が出来る人を求めているんです。
「そうだよね。だから、そんな事、気にしなければ良いんだよ。
そんな辛いなら、逃げれば良いんだよ」

そんな答えで、本人は救われているんでしょうかね?
逃げた自分を振り返って、逃げなかったら卒業出来たのに。
卒業出来たら、今この瞬間、同窓会にも行けたのに、仕事も違っていただろうに。

後悔しても始まらないんですよ。あの時、逃げれば良いんだよの楽な方に逃げたから。
そのしわ寄せが後に来るなんて予想していなかったから。

乗り越えた人の話をもっと報せたいとおもいます。

自分にできる事があると思う人であれば、今すぐにでも始められるカウンセラーです。
そしてスキルを少しずつ伸ばすために、10年間カウンセリングをしてきたノウハウを
教えます。

リーディングという手法が出来る様になりたい人もそうでない方もきっと、自分に出来ると
気づく何かがあると思います。

9月8日、15日土曜日恵比寿カルフールにて説明会します。
http://try-cs.jp/taiken.html

カウンセラーは今すぐやれるんです。
その知識を欲しがっている人は沢山いるんですよ。

その人の耳に届いていないです。
スポンサーサイト

カウンセラー、ヒーラーへの動機

カウンセラーになりたい、ヒーラーになりたいという人は結構潜在的に多いのではないでしょうか。

専門知識の大学院を出る方法、教師、インストラクターという専門職に就いていた経験からなる方法
あるは、知識を身に付け、自分の経験を土台にしていく人。例えば離婚とか、恋愛など。

今注目あびているのが、多分自分の経験を土台にした人ではないでしょうかね?

ある程度、話をしていく上で、ボキャブラリーは必要になります。具体例も言えなけばなりません。

クライアントは専門知識のある人から話を聞きたいんですよね。
今の迷いはどうやって解決しているのか、知りたいんです。

そのためにも私は知識の交換というものが必要な気がします。情報の交換です。
最近テレビでもカウンセリングや虐待、虐めの問題を取り上げて、複雑化した現代の
悩みを浮き彫りにしています。

一人で悩んでいないでというキャッチフレーズですが、答える側にも、そうね、可哀想にね。
という言葉を掛けてもらいたくて電話やインターネットの書き込みでは、ないと思います。

どうやったら解決するの?
逃げ場所はどこにあるの?
だれか助けてくれるの?
助かる方法を教えて?

そんな人達が今の悩みを伝えているのではないでしょうか?

ならば、あの時、あの辛い時を乗り越え人達の情報交換があればあるほど、
個人個人の性格と合わせて対応ができるんです。

学校で学ぶとき、理屈は解っていても、マニュアルでは解決出来ないことばかりではないでしょうか?
だからこそ、知識ある人を求めているんです。

そのためにも、経験豊かな人をカウンセラーとして迎えられる環境を作らないとならないと思います。
どこに連絡すれば、悩みは解決するの?

同じ経験をして乗り越えた人の経験談を教えてほしい。そんな場所作りが出来ると良いなと思います。

そしてもし、自分の経験が活かせるのならと考えたら、もう少しだけスキルを付けて、絶対の自信に
繋げて欲しいです。

ヒーリングもやって貰った人は分かると思います。
もし、ヒーリングができるようになりたいと思うのであれば、

お待ちしています(^^)

集中講座中

横浜にて集中講座を行っている最中です。

今回も集中の進歩の早さに驚いています。
御本人も「こんなに直ぐに、しかも詳細まで分かると思いませんでした。
リーディングって凄いですよね」

というご感想。

めきめきと力を付けるんですよね。これも思ったのですが本人のモチベーションが大きいかもしれません。
1日目にポジティブな考え方をチラッとやっています。
これは結構自分が出来ないというイメージに持って行きにくくなるので、良いかもと思います。
呼吸法OK テレパシーOK リーディングって何?もOK 
さて、一つやってみましょう。 ということで初挑戦のリーディングでした

2日目の時、御本人が「ホテルの場所が悪いのでしょうか、窓の外から誰かに見られているような気持ちです。
怖くて眠れませんでした」と不調のお話から始まりました。

こういう気持ちの時に、リーディングは出来ないものです。
言い換えれば、感度が良くなって、霊が見えてしまうのではないか、魔物が狙っているのではないか?
ネガティブな事を考えたくなってしまうんですよ。

早速、その窓の外がなにものなのか、一緒にリーディングしていきます。
御本人はそれが何ものなのかを知りたいと思うからこそ、リーディングが出来ます。

するとまあ、ご神木でした。「何もかもみられていたんですね。全てがお見通しなんですね」
と、御本人も納得し、安心しましたという事だったので、この日もリーディングがズンズン
進んでいきました。

良い出だしで、3日目、4日目とリーディングの質問の仕方、特徴、癖などを理解していきます。

御本人もやっていて楽しいのではないかと思います。

難しいと言えば、幾つものビジョンが点とすれば、それを1本の線にすることです。
今は4日目終了時点で、私が誘導しながら線にしています。

これを残り2日で自力で一本の線に出来る様に仕上げるだけです。

折角出来る様になったら、この感覚を忘れないように出来るだけ私のブログを利用して
題名を見るだけにして、自力でリーディングしてみる。そのあと、ブログを読んで答え合わせを
してみる。と、言った事を続けるのも良いように思います。

もう一つ注意をするとすれば、このビジョンが重要というのは、一番最初に見えたもの。
この一番最初のビジョンが見えたのはそういうことだったのかと、腑に落とすまで終わらない。
そういう気持ちでリーディングを続けます。

一つ見えたら、終わりとしたくなるのですが、最後まで見続ける。これで最後か?
とう確認も大事です。

意味解らないと最後に思ったら、リセットした方がいいかもしれないですね。

新たにもう一度見直す。
そして最初に見えた事が重要というのだけは、間違いないので、その最初から外れた対象を何時までも
「これなんですか?」とやっていないことです。リーディングがどんどんずれて、
答えもずれます。

これが答えだと思った時、最初に見えたビジョンの説明になっているか、矛盾していないかを
再確認して下さい。

それと、一番大事なのは、怖いのは見たくないとか、霊とか、魔物がいるんじゃないかと
負のスパイラルに入らないことです。

例え一部の事でも、見たくない、見えたくないはリーディング全てに影響します。

霊って何もの?本当にいるの?ぐらいな気持ちで見ていかなければダメですね。
いないんじゃないの?なんて位が丁度良いんです。

嫌だから確認してやる・・・これは克服という一番の近道なんです。

私がそういうものを信じていなかったから恐怖に勝てたんですかね?(^^)

最後にもの凄く大切な事です。
色々なスピの本やブログが出ていますよね?
好きな人は読みあさるように思います。

見分けられる自分の力を信じられるならどうぞ、読んで下さい。
でも、違いが解らない人は、饒舌さに流されて、判断を誤って負の言葉に騙されてしまいます。

それが正しいと信じてしまうんです。

お金というものは欲をもたらせるから、物々交換が本来の世界という事を聞いたことがあります。
そう信じてしまった人には何をどう説明しても、お金は保身の為のものであって、
本来の人間の生活を脅かすという考え方なんですよね。

ものには個人の価値感がそれぞれ違うから、公平な交換なんて出来ないんですよ。
だから、物々交換ほど不公平な取引はないんです。

相手に取ってそれがほしい、こっちもそれが欲しい、お互い交渉が成立すれば、それは幸せですが、
恐らく、こっちはこれだけの数だ、そっちはそれだけか?

あるいは、この間はお前が得しただろう?

あるいは、こんなんじゃ、取引しないと、成立しない方が多く存在して、本当の欲しいものが
手に入らない可能性も出て来ます。

それに、争いが起きる原因にもなりかねません。
野菜一つにしても、出来の良いもの、悪いものがあって、キュウリ一本、茄子一本なら交換も
スムーズかもしれませんが、上質の卵とメロンだとしたら、どうでしょう?
肉付きのいい雄牛一頭と、雌鶏10羽とかなら、どうでしょう?

交換なんて簡単に交渉できるものではないんですよ。だから、ものに一つ一つ価値を与えて、
お金という流通になったんです。

お金が悪いという考え方の行方が、物々交換だとしたら、私はこんな不公平なやり方、
争い事が増えるやり方の世の中に生まれなくて良かったと思います。

今は税金も住まいも水も全てお金がなければ、手に入りません。
だから、働く。それは世の中の為になるものだから、それを認めた人が価値もそれなりにあると
認めたから、支払いがあるんです。

いらないと思えば買いません。

個人の判断一つで全てが決定するから、他人のせいでは無いんです。
これが原因の争いは無くなります。

平和な方法を人類は発展させたんです。

信じてしまうと、私の説明ごときじゃ、そんなはずはないと否定するんでしょうね。


魔物も真っ黒だとしたら、それは影といい、陽があれば、影がある。
陽が当たれば影が必然にできる。
だから、影も全て受け入れて、愛さねばならないと考えるスピもありますね。

それを信じるのも結構ですが、魔の怖さを知らないんですよ。
影と魔を同一して話している事自体、もう、嘘じゃないですか?

なんで、なる程と勘違いしてしまうのでしょうかね?

影まで愛する必要があるんですかね?
影を追いかけるは幻想にもなりかねないですよ。そう見えたという・・・勘違いの始まりですよ。
影で判断するなんて、まやかしにも出来てしまう。

そんな言葉に踊らされるくらいの人が、色々なスピに興味を持つのでしょうか?
それも人生・・・
確かに、他人が口出すことではありませんね。

正しいと本人が思ったらそれをすれば良いんですから。
霊能者もスピも偽物がいるのは本当です。それを見抜ける目があれば、放浪の旅も
いいでしょうね。

でも、いつの間にか、染まってしまうのだと感じます。

さてと、今日も1日頑張りましょう。

響いた一言

今日生徒さんのリーディングのレッスンをしていて、心に響いた言葉がありました。

「ここまで教えて頂けたなら、神様の為にお参りに行きたくなりますね」

ほんとうにそうなんですよ。そこなんです。
神様への感謝なんです。

ここまで教えてくれるから本当に跪いてありがとうございます。という気持ちがわき起こるです。

怖いからじゃない、恐ろしいからじゃない。
神様がここまで、してくれるから、感謝をせずにいられない。

だから、○○神社まで新幹線に乗ってまで行きたくなるんです。
だから、氏神様にご挨拶したくなるんです。

そうまでしてくれたから。本当にそのとおりなんですよ。
あーよくぞ言ってくれました。その言葉がぴったり。

私はだから、リーディングを続けているんですよ。

その気持ちが解る人がいてくれるのは嬉しいですね~

カウンセリングは技術

新しくカウンセリングのテキストを書いているのですが、
勉強すればする程感じるのは、カウンセリングは技術なんだと思いました。

技術が無ければクライアントと一緒に困ったね~となってしまいます。

その技法は例題ですね。

こういう場合はどう接しますか?

こういう時は、どう話を進めて、対処しますか?

この技法は頭で解っているだけじゃ、ダメなんですよ。
本当に回数、数をこなすことです。

クライアントの性格が関与しているからです。
一人一人違う対処になります。

卒業生の方達に実技の場面を無料リーディングというところで、体験しています。
最初はこわごわだと思いますが、これを沢山やってみることで、自分の自信となります。


そうそう、あるデーターで、ガン告知は6割以上希望しているクライアントですが、
余命とか、告知するということにかなりのストレスが医師の方にあるため、
本当の告知は25%位だろうというデーターを読んだ事があります。

真実を知らしせた方がいいのか、隠した方がいいのかは、医師の気持ちで判断されています。

この場合、知りたいと思っていたのに、知らされなかった事が思いやりだったのか?という
疑問があります。

あなたならどうしますか?
ご家族が末期ガンと知ったら、報せますか?

不幸というに値することを報せる事が如何に難しいかです。

あるいは、自分が悪者になっても、言わなければならないというときに、自分を庇うか、
それでも、言うか。

では、何故告知する必要があるのか、解りますか?




病気と闘って貰う為なんですよ。
もし、それが解るのであれば、カウンセラーの素質ありです。

しかし、言い方、話の技法を知らなければ、病気と闘う気力を失わせてしまう。

全て告知の目的は、病気と闘う為に話すのです。
逃げないで、克服しましょうねという目的で話すのです。

その目的が見えていないと失敗します。

カウンセリングは話す技法を学んでいるのです。

9月8日、15日説明会

盆もあけ、風も秋の風になり始めています。
まだまだ、猛暑があるでしょうが、少しずつ、少しずつ秋になるんですね。


心を知るのに知識が必要だと思う方、三次元以外の部分からも、理解したいと思う方、
両者を取り入れたスクールです。

さて、スクールの10月生を募集いたします。3月に卒業予定となります。
毎週土曜日に参加して頂いて、24回を終えて修了証です。

9月に説明会を行います。

8日、15日の両者とも、土曜日、11時から14時です。無料でワンドリンク付きです。

心を知るのに知識が必要だと思う方、三次元以外の部分からも、理解したいと思う方、
両者を取り入れたスクールです。

テキストも新規のものとなります。

笛野はすなが直接教えます。どうぞお待ち申し上げております。

受付は下記からとなります。

http://try-cs.jp/taiken.html

キュウリ

食物シリーズでやっていきましょう。

野菜の中でも私は特に好きなキュウリです。

リーディングしていくと、指先のようなものが上に向かって伸びていきます。
でも、土から頭が飛び出すのでなくて、破れない膜があります。

これを破ればどんどん伸びるのですが、持ち上げていく力は強くても、
破る力はないという感じです。

持ち上げる力はもの凄いです。上の破れない膜が伸びてかなり突起します。

破れない方がいいのか、破れない方がいいのかまでは解らないですが、
伸びようとする力の凄さは感じます。

なんでかと見ていくと、

ああ、行動ではなくて、気持ちへの影響ですね。
やる気という心のスイッチがキュウリは持っているかもしれません。

でも、何か危ない気持ちも働きます。
いい方のやる気になると決めているわけではなくて、良くも悪くもなりますね。

いい方が上の伸び、悪い方が横に伸びます。

この違いはどこで見分けるのかしら?
と見ていっても二回目のリーディングは、力拳しか見えないです。

キュウリってやる気を起こすパワーはあるのだけれども、善し悪しの分別までは出来ない
のかもしれません。

夏、キュウリが旬なのも夏ばて防止の理由かしらね?

心理学

学生の頃、心理学なるものは殆ど単位を取りました。

まだまだ、心理学といえ、錯覚とか、オペラントとか、行動心理学とか社会心理学もそうですが、
人の構造について心と関連したものであって、直接的な影響のあるものではありませんでした。

もっと人の心が解ったり、自分の性格を変えたり、悩みを解決できる事を習うのかと期待していたのに、
当時、あてが外れたと思ったものでした。

今でも動機とか、オペラントとかの心理が基本ですので、人の心を科学するという意味では
まだ、直接的ではないなというのが正直な感想です。

その中でも面談という方式で、カウンセリングする方法ができはじめました。

これが新たな心理学の方向ともいえるでしょう。

最近心理学の本や大学の聴講に出ても思いますが、
心理テストというもので人を分類し、傾向や統計を出して、アプローチを科学しようと
していきます。

それは間違いとはいいませんが、解明とはなりません。手段に留まります。

ではどうするか、心理学の先生との話をしても、常に例題がものをいうんです。
こういう場合は・・・という例題です。

学生の頃の知識しか無かった当時の私は、マニュアルを言うしか無かったんです。

だから、先生の言葉は、生意気な私に問いかけます。
「この場合(具体的な出来事)、貴方ならどうしますか」

ここなんですよね。良い事言わないと、自分を飾るのか、自分の事として考えるのかです。

前者になっていた私は、難しい言葉を並べ、さももっともらしく、そして言葉を濁す時、
先生の目は冷たいんです。見抜かれていると感じます。

その時の(教授)の目は笑っていないんです。どんなに他の筋肉が笑っていても、目は笑っていない。

最近も思いました。また、同じ目だ、この先生もだ、と思ったことがあります。
見抜くという時、目が怖いですね。
目と目が合わせられないというはこういう事なのかもしれない。

浅い人間、嘘つきの人間というのを心理学的に本当は解明していても、それを授業に
入れないだけなのかもしれないなと、その時ははっきり感じなかったですが、
今そういう言葉で言い直しても良いくらい、教授は見抜いている目をするんです。

あ、話がずれました。

ただ、人の心が解るのは、相手に話をさせれば解るのかもしれません。
その時に発する嘘や矛盾や仕草などを本当は分析していて、それはある程度の基準で出来上がって
いるのだけれども、それを科学的にとか、分類するのは、自分だけの世界だとしているのかもしれない。

これだけの知識を文章化するのは確かに容易ではないですね。
そういう見抜く心を持ち合わせる人は、あんなに冷静に「貴方ならどうしますか」と
いう言葉を言うんだ・・・

自分が悩んでいても、恐らくこの姿勢は変わらないんだろう。先生はその人の事を分析している。
その目はあの共通した目でしているんです。

冷たくて恐ろしい静かな目です。批判している目ではありません。
判断している目です。

揺れていない目とでもいいましょうか。

自分はただ、見ているだけです。喋らせて、話をさせて、ただ頷いている。
そうだね、という言葉に有頂天になり、誉められたら喜んでいた。

いや~恥ずかしい。

当時の私は偉そうでしたから、恐らく低い程度に判断をされたでしょうね。
出来たつもりの生意気だった自分が、今になって恥ずかしいです。

知識なんて振りかざすものではないですね。凄い人は、流石だと思うのではなくて、
その程度かと見透かされていたんですね。浅さが丸見えですね。

心の学びは見抜くというのに何か共通点があるように思います。
上辺ではなくて、本当の心の奥を知る事が、ヒントになり、対処があるように思います。

思い込みという落とし穴にならない、公平な判断で、観察する力を持ち合わせなければならないのは
心理学という学問に限りませんね。

それが出来る様にするのもリーディングの解釈の練習は役立つものと思います。

親の気持ち

娘の勉強を時々みているのですが、この時、いつも苦労した娘を思いだします。

子供を比べてはいけないのですが、本当に一番下は、手がかからない。

というか、こっちが興奮することが少ないんですよ。呑み込みが早いから。

これは持って生まれた性格というか、特性というか。

今思いだすと、親の気持ちは子供達に対して全員同じなんですよ。

「出来て欲しい。出来る様になって欲しい。それは将来困らないように」

どんなに出来が良くても、悪くても同じなんです。


出来ない子供に、出来なくて良いよなんて思う事は一度もありませんでした。
子供も、出来る様になりたがっていたからです。

出来る様に必死になって、出来てるよと言いたいのが伝わるんですよ。
でも、結果が付いてこない。
ある塾の先生と娘の前で
「この子はやっても、やっても出来ないです。本人ができない事を自覚しているから
可哀想なんです。出来る様になりたいのに、出来ないから、出来る様にさせて下さい」

娘は大粒の涙を流していました。認めて貰いたいのに、頑張っているのに出来ない。

娘は頑張りました。その塾の先生は私に「覚えたと思ったことも一瞬違う話をするだけで忘れますね。
英単語も100回書かせています。でも、覚えない。覚えようとする事をしないんです」

でも、楽しいと思った事は夢中になる子供ですから、そこを利用して・・・集中力を鍛えて・・・

先生も親もどうしたらという事で連絡を取り合っていたのを思いだします。

彼女は県立高校に入れました。オール3以上の成績を取って、普通のごく普通の高校に入れました。

実際は英単語100回書いても覚えられない子供でしたけど。

人は「できなくていい」なんて事はないんですよ。

必ず「できる」を体験したいんです。

もし、「できなくていい」で、癒されるのなら、それは、したくないという気持ちをあおり立て、
克服という成功を体験させるのではなくて、後退ということを促していると私は思います。

やりたくない気持ちに素直になるのはいい。でも、奥にもしも、もっと奥に「出来る様になりたい」
という気持ちが潜んでいたら、
「出来なくて良い」という言葉は、その人の人生すらも狂わせてしまう様に思います。

どうしてやろうとしているの?
どうしてできるようになりたかったの?

ここを見抜いてカウンセリングできるようにしたいものです。
本当の心に気づかせるとは、ここですよ。

そしてそれがもしも、純粋ならば、「出来なくて良い」は自分には才能がないという事を
早くから植え付けてしまうんです。

自信を失うような、後退するような言葉を信じてしまう。悲しい結果と私は思います。
本人は出来る様になりたかったのに。

娘は今ネイリストになろうとしています。高校中退しそうな位大変でしたが、
漸く本人が自立できるように頑張っています。

やればできる。そんな経験を一つでも多くしてあげたい。これが親心です。

「出来なくて良い」と、親なら思いません。


あるいは、一時的な休憩として、急がなくていいの。という意味なら、解りますけど、
諦めなさいというカウンセリングは、後退のカウンセリングと私は思います。

成功を増やす。一つでも出来たをさせてあげたい。そのために親がサポートする。
親では出来ないから、他人にお願いする。

出来なくて良いなんて思って他人に預ける人は誰もいないですよ。
いや、そんな人に子供を預けたくない。

出来る様にさせてあげます。そんな人に子供を預けたいんです。

カウンセラーも相談にあずかる以上、出来る様になりたい気持ちを理解出来る器量を
もって対峙しないとならないと思います。

その上で、出来なくて良いのよと言っているとしたら、そのカウンセリングは正しいとかと
よく考えて欲しいです。

一面的、多面的

他人の評価を気にする人が多いですよね。

自分を認めてくれないというコンプレックス。

こんなに一生懸命仕事したのに、会社は昇格してくれない、担当を上げてくれない。
上司が悪い人、見抜けない人と他人のせいにする人が多いんです。

こういう人の特徴は一つのことは優れていても、全体をみたら、この人を認められない
という結果なんです。

例えば医者も同じです。大変授業では優秀で卒業したのに、病院で働いていても、
責任者になれない。

やっていることが総括的な人じゃないんですよ。
性格が、短気とか、人の目を気にしすぎて、周りに流されてしまう人とか、不安がいつもつきまとって
情緒不安定とか。

そんな人に責任者にはしないですよ。

こういう危機の時、君ならどうする?
その対処が確実に出来る人が総合的な人、多面的な人です。認められる人です。

危機の時、私はできません、しりません。わかりません。
そういう人に仕事全体が回れるとは普通考えませんから。

こういう人は一面的な人なんです。
ある事は頑張れるんだけど、人としてどうだと?と見るのが社会ですから、そうした全体が
きちんと出来ていないと会社は認めません。

だから、一流大学を出ても出世しない。
あるいは、凄いプロジェクトに参加して、自分が指揮って仕上げたのに、
実際、誉められたのは自分ではなくて、違う同期、あるいは、あんな奴がどうして出世するんだ?
と会社や上司の目を責め立てる。

全く自分を見失っている人です。

人は、プロジェクトが成功する前提で進めているんです。
だから、指揮した人が凄いんじゃなくて、みんなをまとめようとした人が1番大変なんです。

この人がいたから出来たのは、指揮する人ではなくて、
指揮をさせ、そして、みんなが協力しようとまとめる人を会社は認めたとなるんです。

多面的な部分の総合が一致しなければ「認める」はしない。

一つばかりが突起していても、認めない方が悪いという、自分を知る事が出来ないからこそ、
上司や会社側が無理だ、こいつが責任者にしたら、まとめるどころか、バラバラになる。

そう睨んでいるんです。

できる、出来ないを判断するのは、総合的な事です。
一面が出来ても、最高の成績でも、会社が認めるのは、出来て当たり前の部分と人格まで
含めた人材なんですよ。

そうとも解らないで、自分の仕事は会社の為に尽くしたのに、何も解ってくれないと言っているとしたら、
それは、自分を知らなすぎた結果ですよね。

上司はみんなをまとめて、みんなを引っ張っていってやる気を出せる人を認めるんです。
小さな事も自ら進んでやってみる。こんなくだらないことと他人は思う事も自分はやってみる。
そして、結果くだらなかったですというか、いや、成果ありましたとするかは、
まずは行動です。

そういう地味な仕事もきちんと出来て、尚かつ、仕事をいいとこ取りしない人ですよ。
そういうきまじめな人が会社は認めるものだと思います。

何か困った、危機感が出た、それは止めた方がいいよ、できなよ。それならみんなで止めましょうという人に
責任者として失格ですし、命令もきけない人です。

自分の失敗の不安が先に来ているわけですから、メンタルの弱さに「会社は出来ない人」とレッテルを
貼り付けたんです。

行動もしないで頭で考えて、否定する人。仕事も出来ないと会社は予想たてます。

何事もしないで口だけの人は会社はいらないんです。足を引っ張るだけだから。
自分もしないから、君もやめようよう。
そんな足を引っ張る人が責任者とかにしたら、潰れますよ。

だから、「ここまでの仕事は自分はします。あるいは、ここまでの資料は自分が集めます。
この先の事は自分にはまだ、予想ができませんので、後はお願いします。」

と不安があるなりに、自分の出来る事をきちんと言える人なら、それは、出来る人に
会社は認めるんです。

出来ないと言う言葉はひとつも使っていないです。ポジティブですね。

ここまでの事がもし言えたのなら、会社は仕事を任せてみようかと思うものです。

社会的にも頭で予想して、「出来ません」と言うだけの人や、
言われた仕事しか出来ないとしたら、ロボットと同じですからね。
優秀とはならないんですよ。

足を引っ張る人、ロボットの人、一面的な人は、仕事を認める訳にはいかないでしょう?
組織の一員としたら、仕事は出来て当たり前をいちいち誉めたりしません。

多面的な全体が総括出来る人を会社は求めているんです。
多面的な人材は仕事が1番でなくても、総括して優秀となるものだと思います。

他人を責める前に、まずは、自分をよく知りましょう。
これに尽きます。

自分を認めない上司が悪いなんて言っていたら、まずは、出世する相手と自分の違いを
観察するくらいの努力もしましょう。

一面的な人は総合的にみる力が劣っているんです。会社組織には重要な部分です。

鶏肉

野菜と肉、魚などをリーディングしていこうと思います。
どうぞご参考になさって下さい。

摂取してはいけないんではなくて、過剰がいけないんです。


そして、生き物を殺すわけですから、合掌して「頂きます」という気持ちはあった方が
いいですね。

今回リーディングしてて、あー死んで行く生き物は犠牲になってくれたんだと感じました。

鶏肉をリーディングしていきます。

人の鼻を舐めているビジョンが見えて来ます。
性格や人間性をバカにするですね・・・

焼き鳥屋で絡んでいるおじさんが浮かびます。

鶏肉ばかり食べているともしかしたら、他人を批判ばかりしてしまうのかもしれません。

食べるなとは言いませんが、取りすぎは良くないですね。

品質のいい鶏肉でも、独りよがりになるところがあるようです。

ともあれ、ほどほどに。

そういえば鶏って、虐める時は、相手が禿げるまでやりますよね。徹底的に突っつく。
こういう所にでていたな~と感心

鶏肉美味しいのに(^^;)

薬の怖さ

私はこの4月から糖尿の薬を飲み始め、6月からコレステロールの薬も飲み始めています。

糖尿だと気づいたのは定期検診の時です。ヘモグロビンが高いと言われたからです。

食事療法まで行かないけど、体重を落とせという話でした。薬は飲まず。

毎日食べていたチョコレートは食べるのを止めました。
そして、毎日薬を飲むようにしています。

4月の一度だけ数字がよくなりましたが、5月の検査から数字が悪くなります。

体重が減るのに良くならないんですよ。

薬飲む前は6.1~6.3のヘモグロビンが6.9まで跳ね上がってしまいました。
おかしい・・・。
すると先生は薬飲まなかったらもっと悪いと話します。

いや、以前より糖分も体重も減っているはず。時々、確かにアイスクリーム食べて居たけど、
以前より数字が悪くなるわけがない。

合わないんだと正直思いました。

飲み始めて1ヶ月が過ぎた頃、頭痛がします。緊張性の頭痛です。左頭、首、肩が異常に凝るんです。
整体に行ってマッサージすると、その時は良くなるのですが、翌日にはまた痛む。

そんな日々が続いて、薬を思い切って止めました。

すると、頭痛は止めてから一度もありません。

もしかして薬はリバウンドする力があるのかもしれない。飲んだり飲まなかったりすると、
確実に変になる。

鎮痛剤も同じですよ。

抑えるという効果は何かを犠牲にしています。便秘薬もそうですが、
だんだん効かなくなるですよね。

身体がたくましくなってしまうんですよ。抑えるという事で抗体を作っているかのような?

もしかして、それが医学的に解っていても、業界では売上げという数字を求めているために、
患者に薬を使い、強い薬はますます、高くなり、こうやって病院や薬剤業界の維持が出来ている
そんな気になってしまいます。

野菜を食べなさいと言われたら、ドレッシングを使います。美味しいドレッシングはノンオイルではないですね。
すると、野菜を食べながらコレステロールを増やしていたんです。
それで、薬を飲みます。一度は効果が出る。抑えるという力で。

でも、身体はその押さえを跳ね返そうとします。ますます、強くなろうとします。
だから、反発しますよね。
数値が上がる。上がるから強い薬にする。そうすると、いったんは収まる。
でも、また、抵抗が出て、身体が反応する。

こういういたちごっこが身体の中で起きていないでしょうか?

そうして調べていくと

以下引用

http://happy.ap.teacup.com/yosimaki/682.html

医師や薬剤師なら知っていることですが、抗生物質は細菌には効きますが、ウイルスには全く無力です。

細菌は生物なので薬という「魔法の弾丸」で射ち殺すことができますが、ウイルスは生物と非生物の間、つまり「情報」のようなものなので、この方法が通用しないのです。

にも関わらず、わが国では病原がウイルスであるインフルエンザや風邪症候群に対しても安易に抗生剤が処方され、その使用量は他国に比べて突出しているのです。

抗生剤は病原菌だけでなく、体内のビフィズス菌などの有用菌をも皆殺しにしてしまうので腸内環境を悪化させ、病気の治癒に必要な免疫力を低下させてしまいます。

また、抗生剤を使い過ぎると、薬に強い耐性菌を生み出してしまいます。

石鹸手荒いにも同じようなコトが言えます。

石鹸で手に付いた細菌を落とすと同時に、
皮脂まで落としてしまい、乾燥し、更に細菌が付きやすく、
傷も出来やすくなる。

そうすると、常在菌のブドウ球菌にさえ抵抗力をなくす。
真菌も増殖する。

-----------ここまで-----------

私の身体の中も薬を飲むことで同じ事が起きていたのではと感じてならないです。

左頭の頭痛は間違っている事を伝えていたのではないか、耳は良く聞け、首の痛みは縦に頷くと
痛むので、頷くな、肩だからやり方が違う。

もっと精神的な部分から入って、口の中に入れるものを慎重にしないと、
身体をボロボロにしてしまうと思います。
身体が吸収するものなので、細胞ひとつひとつに影響しているはず。

身体は精神が宿る入れ物です。その入れ物がボロボロにしないように、情報だけに踊らされないで
常に、自分の身体と対話できるようにしていないと危険が一杯です。

リーディングは出来なくてもいいの。
そう思う人はそれでいい。
他力本願や周りの情報を頼りにしていく人だと思います。

信じるのは自分と思う人だけがすればいいと私は思います。
自分の身体を見つめる、自分の心を見つめる。
そういう事を人にしてもらうのではなくて、自分でする。
これが私の求めること。

その自分を素直に見つめられる勇気がある人がリーディングに挑戦していると思います。
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
395位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。