自分と相手

久しぶりの更新ですね。

リーディングという手法をしていて、感じるのが、いかに客観視できるかだと思います。

特に自分の事が解らないのは、その客観視がしにくいからですね。

他人の事も知り合いだとやりづらい。まるでしらないと結構分かりやすいのもその特徴が出ています。

先入観がない事、偏見がない事、思い込みや好悪に影響しないことが1番必要なことですが、
やっている本人はその意識がないですから、どんどんずれてしまいます。

これは、普段の時も出ているんです。人の性格というか、思考の個性ですね。

この考え方一つで人生明るくするか、暗くするかの瀬戸際だったりします。

その基準の一つに「これを言ったら自分の事を嫌な人と思われる」の基準の人は
その相手の顔色で全てが決定します。
自分がどうしたらいいのかは「目の前の相手」だからです。

こういう人は人が違えば答えが変わってしまいますよね。答えを握っているのは相手ですから、
相手の好みの人間になろうとする事で疲れてしまいます。

これが上手く言っているときは、元気ですが、そうでなくなると、「ダメ」のレッテルを貼り付けてしまいます。
人から良く思われていないとなるんです。

明るく生きている人は「自分と合う人を捜している」なんですよ。
全てが同じでは無いので、趣味と合う人もいれば、味覚が一緒の人もいる。
会話が楽しい人もいれば、センスが同じ人もいる。

合わせる事を無理にするのではなくて、この部分は合う、この人とこんな事を一緒にやってみたい。
そんな関係の人を捜すのも楽しいものです。

活動範囲が広がれば、そういう出会いも沢山出て来ます。


考えてみれば、全部一人の相手と自分が同じ人はいないはず、どちらかが妥協という程度で
上手くいっているものです。

一部分が合う人とその時を過ごすだけで良いのに、
全部を一致させて、ずっと一緒にいようとするから疲れてしまう。

言い替えれば、全部合う人なんていないのに、全部に合わせようとしたくなる。
嫌な人と思われたくない、関係を悪くしたくないからだと思います。

それを犠牲にしているのが、自分の気持ちですよね?

話は合うけど、味覚が合わない人もいる。食事は生もの苦手なのに、相手がお寿司行こうかというと、
やっぱり合わせてしまう。そして疲れてしまう。

次は会うのを辞めようかな?となってしまう。自分を犠牲にしたからです。


頭では解っていても出来ないんだよという問題ですよね。


でも、そこまで合わせても相手は貴方を「嫌な人」とは思っていないと言い切れるのかしら?
と考えたことありますか?

基準は自分の憶測ですよね?
こうしておけば、「嫌な人と思われない」という。
それ、正しいと言い切れますか?
自己中の妄想かもと考えたことありますか?

人の気持ちは本人にちゃんと聞かないと解らないんです。

自分が赤好きだから相手もきっと赤が好きなんだろうと予想しているのと何も変わらない。
自分は好かれることをしているから、相手も自分を好きでいてくれると言っているようなものです。

現実を知る方法をとりましょう。
妄想で予想をたてて、上手く行くと思う人は余りおらず、却って悪い予想をたてて、予防することを
しているのでしょうが、果たしてそれが予防になっているかも、私は頷けないです。

判断力が劣っている時の妄想はネガティブです。そのネガティブからの回避の判断は無茶が多いです。
人が危ないよと言っていても聞く耳が無くなってしまう。妄想の世界が全てになってしまうから。

現実に呼び戻さないとならないです。
スポンサーサイト

心は元気に

カウンセラーという仕事は、心を元気にする仕事だと思います。

精神科とは違います。専門知識は勿論必要なので勉強は必須ですが、医師の診断する仕事ではありません。

今の悩みをどうしたらいいのか、今の気持ちを何処に持っていったらいいのか、
病院に行く前に悪化しないためにはどう気持ちを処理できるのか

そういう初期問題の時に、解決できれば1番いい状態なのです。

このまま悩み続けるのか、何か違う考え方が出来て、解決方法を探したい。
そんなとき、慰めではなくて、易などの気休めではなくて、心療内科という病的な処置ではなくて、
事実を見つめて、心の持ち方を健全にして、自分で判断出来し、その結果の責任とるようになることです。

心の持ち方で少なくとも元気になるのなら、まずはそこに、持って行けたら、
その段階で自分で判断できるし、やる気までもっていける。

だけど、その心を元気にする方法には、ある程度条件がある。

①人にやって貰わないこと。
 例 除霊、運命を変えて貰うなど

人にやって貰うという依存は、相手が出来ない場合、やってくれない事に怒りを覚えます。
結局自分の思い通りにしてくれないという考え方になり、怒りの矛先は他人に向きやすくなります。
下手な除霊だとか、当たらない占いと言うことで納得しようとします。

そしてもっともらしいところを永遠に捜し求めてしまう。

そこに解決はないと思います。真実や現実を知る事で自分で判断する情報を得る事の方が重要です。

それと、酷い人というレッテルを相手につけた場合、相手に期待があるからです。
この人は思い通りにしてくれる人、言う人だと思ったのに、してくれない結果に
憎悪が生まれるからです。

憎悪をいだく事は恐ろしい顔になります。


②理想を高く持ちすぎないこと
 例 自分の範疇をわきまえること

理想と現実の差があればあるほど自己評価が低くなります。
何をやってもダメだとなる可能性があり、やる気がなくなります。


いずれも、他人と自分に嫌悪していく結果、元気がなくなるのです。
これらが出来れば、悩みの半分は無くなります。

自分でそれを克服しなければなりません。

病院へ行っても処方するだけです。
心理療法へ行っても、頷くだけです。

自分に気づきがないと、永遠と空回りしてしまう。

そして元気にするために、他人も自分も受け入れる事
受け入れられない他人なら離れる事 行きすぎると殺人(恨みとか)にまで行きかねない

自分も今の自分によく頑張ってるねと言えるようになる事。
身体も心も自分で優しく接しましょう。

大変だったよね?でも、頑張ったね、お疲れ様と
優しく労りましょう。


余談
身体も足が疲れているなら、擦ってあげましょう。
浮腫んだと思ったら、揉んで上げましょう。

私足がよく痙るのですが、最近、ヒールを履くようになったので、またまた、痙りますが、
痛いときに、ぎゅーぎゅーと痛い所を押すと痛気持ちいいので、直ぐ治ります。

翌日もピンヒール履くのですが、全然痙らないです。
是非むくみにいいマッサージで、リフレッシュして欲しいですね。

協会では、元気を取り戻せるカウンセラーを広めたいです~
まずは自分が元気になることですね♪

5ヶ月の記録

まずは記録をお伝えしましょう(恥)
なんと、昨年の3月は59kgの時が(^^;)糖尿病手帳にありました。
この頃ですね、糖尿病診断下ったの。

体重54kgになってから、糖尿病の薬がありません。

1番体重が少ないときで52.0まで行きました・・・
ちょっと、マッサージサボったら直ぐに体重に来ますね。

でも、体脂肪は確実に減っています。今日は24.5 最高27.5でしたからね。
体脂肪率は現在4.5です。

      9月中  10/7   10/31   12/10   1/6   1/27   2/19
身長161
体重    55.5    54.1   54.7   53.1   53.2   53.3   52.9
太もも   45.5    47.5   47.5   47.5   46    45.5   44 
脹ら脛   34.4    34    34    34    34    33.5   32.5
二の腕   25     25    24.6   24    24    24    24
くるぶし               21    20.5   21    21    20


運動はしていません。自慢(^^)
汗が嫌なので。

全てマッサージです。サボると途端に膨れてしまいます。むくみですね。
体脂肪は減っているので脂肪は取れています。
でも、体重が増えるのは、水ぶくれということかな?

私は足が浮腫みやすくて、それで、膝の位置を気にし始めてからは、早いです。
膝の脇をもみほぐすだけじゃダメだと思い、膝の位置をギュッと押してみます。

すると、凄い・・・なんか、足の脂肪が柔らかくなるのか解ります。
ここが詰まっていたのか~と・・・そしたら、
膝下のカサカサの皮膚も今日の朝はしっとり。

手を掛けてあげるとこんなに肌も喜んでる~♪って思いました。
かなり、部分サイズが減っているのが解って頂けたでしょうかね?

勿論首も、顔も小さくなりました。

そして、卒業生の方から貸して頂いた本があります。
「先生と同じ事を書いてある本見つけました。見せたくて、読んで下さい」と(^^)

おおおお~運動するな~。マッサージでむくみは取れる。
顔はつまめ
いやいや、一気に読んでしまいました。

でも、マッサージに違いがありましたね。
私のは全て心臓に向かってです。つまんで切り取るイメージ+上に上がれ~
胸はこの位置よ~と教えて・・・顔も毎日沢山触ってあげます。

手を掛けてあげることです。
沢山身体を触ってあげて下さい。これが1番いい。

私もビデオやろうかな?
嘘のように細くなるからだって私、去年の9月から始めて、5ヶ月ですよ。
脹ら脛が悩みでした。-2cmです。ブーツが履けて、本当に嬉しいです。
おしゃれ楽しんでいます~

無理に痩せていないからたるみは出ないです。

生徒さん達は二の腕が凄い痩せたと言ってくれます。
たくましさが消えたと(^^;)

52才からでも痩せられる・・・でした。

リーディングの危険

リーディングは解釈が要です。

その解釈の危険は「自分のリーディングは絶対」と思い込むところです。

疑って下さい。
魔に染まらない唯一の方法です。

人は先入観があります。憶測で判断します。
リーディングもそれが出来てしまいます。

ある人が真っ暗な洞窟を歩きます。その道の行き先は茨の道。
あー、そっちに向かっているという意味だなと判断してしまう。

浅はかなリーディングです。

最初から茨だと思わなかったのか?
茨が見えたら普通引き返します。

あるいは、取り除けるのかと判断するのが普通です。

もし自分ならどうするかと、何故思わないんだろう?
そうしたら、それを訊いて欲しい。

引き返せないのですか?
茨は手でとりのぞけるのですか?

その先に灯りがあるのですか?

見せかけの目の前の茨を見ただけで、そっちにいくんだなと決めてかかる。
やっばりと言う・・・酷い。それをリーディングとは言わないんですよ。

茨をどうするか、対処出来るのか、その道から引き返すことが正しいのか?

もしかしたら、その茨は見せかけて、紙で出来ているかも知れませんよ?

疑いましょう。自分の目を騙されない為に。

もっと慎重にリーディングしてほしい。もっと自分ならその時どうする?と
思って欲しいです。

茨の道を、「やっぱり」と思うから、魔の道にはいりますよと言ってしまうんです。
茨を取り除けるのか試したのか?です。

本物の茨だったのか?ですよ。

そこまで突っ込んだリーディングが出来ていないで、自分のリーディングは絶対だと
思い込んでいるとしたら、傲りでしょう?

間違いを見抜けないリーディングをしているから、自分の解釈が絶対だと思い込んでしまいます。

自分を疑わないから、魔物と繋がったリーディングをしていても、自分の「やっぱりね、思った通り」で
解釈しますから、見抜けないで、魔に操られても気付けない。

操られたら、自分は間違って居ないと言い通しています。

私は常に、「本当なのか?」を念頭にありますから、神様と例え繋がっていても、
神様だったら、絶対矛盾は無い、失礼だろうと見抜くと言うことを心がけています。

何度も質問して、言い方変えて質問していきます。
自分のミスを見つけるんだと思います。この質問に対して、このビジョン?

それは○○という意味ですか?
○○には△もあると思いますが?
△は×に行く人もいますが、何故行かないのですか?

みたいに○○という答えがどの方向性で質問しても間違い無いと思うまで繰り返します。
慎重なリーディングです。

そういう柔軟性がないと、「やっぱり、思った通り」から抜けられない。
リーディングは「やっぱり」というのを超えた答えがでるんです。
だから、気づきとがあるんです。

やっぱりのリーディングは自分の想像のリーディングの延長にしかなっていないんです。
そんな、分かりきった事を教えるような浅はかなリーディングはリーディングではありません。

自立出来なくする理由

モラルハラスメントは殆ど言葉の虐待です。暴力です。

その虐めは、自分は「酷い人」になりたくないという心理を巧みに利用しています。

そう言う人の言葉には、「立派になるなよ」という裏が隠れています。
支配欲があるから、自分より強くなるなという心理があります。経済的にも知性的にも。

だから、バカにするんです。相手を。
また、自分より地位とか、経済とかが上なら、それをけなします。

直接それをけなすんじゃなくて、頭使わない仕事だもんなとか、一人じゃ無理だよ、親の七光りだろうとか、
ファッションセンスがなっていないとか。

こんな奴に何言われても平気だよと思うのなら、自立出来ますが、
えーそうかな?

と思い始めたら向こうの罠にかかったんです。
付き合えば付き合う程バカにします。自分より下になって、言いなりになるまで。

友達なら、辞めた方がいい。自分がそれに染まります。

夫婦ならもっと顕著でしょう。
お前は「一人で生きていけない」とか「何をやっても中途半端なんだから、最初からやるな」とか
ともかく可能性を全部刈り上げてしまう。

夫婦なら「応援するよ」というのが、支え合う良い関係です。

でも、「自分が優位にたつ方法」が大事な人は相手をけなして、自分から離れない行為をします。
日本は女が男の下で支える文化でした。

夫や子供の世話の主婦になって、お給料を預かって家庭に尽くす事でした。
精々パートやアルバイトで家系を助けるだけで、夫を超えてはいけないという形でした。

今は、女性も立ち上がって凄い人沢山いらっしゃいます。
仕事が忙しくなれば家庭への仕事が片手間になります。一人ですから。

夫は手伝うと言う人より、文句言う人になったら、それは、女性を応援しているのではなくて、
自分の配下のままで居ろと言っているんです。

勿論それが嬉しい、そうしたいという女性なら問題ありません。
自立したくない、これが家庭だとおもったらそれで良いんです。幸せがそこにあるから。

でも、私はお互いが自立し合って支え合うというのが本当の夫婦なのではないかと
感じています。

守るという言葉も危ないなですね。ちゃんと言うなら、支えるです。
家事も大変なら、手抜きも仕方ない。たまには外食もいいじゃないかとなったり、
今晩は、俺が作るよというのもいい。

分担を決めてもいい。子供も二人で育てている意識を持ってくれたらいい。
悩みは二人で解決しようとしてくれたらいい。

本来守るとは、こういう時に「追い込まれない」よう助ける行為ですけど、
ほら言っただろう、お前には無理だよ、出来ないよ。そんなことしか出来ないんだからやるな
と可能性をダメにさせて、相談になるのではなく、けなして「出来ない人間」を植え付けていきます。

そうすれば、「俺に縋る」というパターンが出来ます。
「俺が上だ。優しくしなくても付いてくる」というパターンを作る事に専念し始めます。

兎も角自立出来ないようにさせるんです。

そんな仕事やめろ。
お前なんか出来るわけ無いだろう。

愛があれば、どうやったら、上手く行くんだろうね?と
一緒に考える姿勢を持ちます。

何がいけなかったんだろうね?

そして答えは、「やってごらん」と愛をもって接していけば、
妻も感謝がありますから、「自立したいから仕事」じゃなくて、
「家族の為に」働く、自分を高める為に働く、貴方と一緒に高めましょうという気持ちで働きます。

最初に働く動機は「離婚」が前提ではなくて、心の自立と向上の為だったのが、
支えない伴侶だから、自立が出来上がったとき、「離婚」を視野に考え始めるのです。

自分より上になるなと思う夫の心理も分からない訳じゃないけど、家政婦じゃないんだから、
妻がそうしたいと願っているなら、それを支えるのが夫です。

人格を認めた行為です。

私の知り合いで結婚してから海外に留学した人を何人もいます。
1年、2年留守にするわけですが、子供がいるとかなり難しいですけど、送り出したご主人の
お気持ち、感謝しますよね。

もっとも、留学してから、その経験を活かすという前提なら、お金を使う理由が大事ですけど。
夫の社交界に付いていくために留学したでも、貿易会社に勤めたいからでも、なんでも。

勿論離婚していないですよ。広い心で受け止めて、向上心の助けをする夫婦を見ていると
夫の余裕が垣間見えますね。

なかなかいないんでしょうね。そういう夫を見つける事ができないですが、

言葉「守ってやる」「幸せにしてやる」という響きは嬉しいですけど、自立したくない人が
喜ぶ言葉です。

これは「支配する」という気持ちと紙一重です。
私はお互いに自分を高める存在が理想だと感じます。

甘い言葉に酔ってしまう若い時代ですが、そう言う言葉を言う男性の心の裏をちゃんと見抜きましょう。

貴方を支える人なのか、支配したい人なのか。

自分は他人に幸せにして貰いたいのか、自分から幸せになりたいのか。

自立できない心理

お前はダメな奴

という植え付けが1番問題です。
これは社会全体、夫婦でも、親子でもあり得ます。

それは貶められたり、罪悪感を持たせる事で簡単に自己評価を下げさせることができます。

そうすると、自分に恥を持たせ、人に知られないように生きていきます。あるいは
他人は理解してくれないという気持ちが新たにできます。

こういう人は人に依存しやすくなります。
共依存も含めて依存症になりやすいです。強いものにしがみつく。

自己評価が無いから、チョットでも頼れる人に縋ります。
あるいは、強そうな人に黙って服従してしまいます。

縋られた方は支配欲があれば、相手を自立させようとするより、もっと卑下させて
「私から離れられない」を植え付けていきます。

孤独恐怖になっていたら、それは、支配されるしかありません。
歪みの関係ですから、
被害者はストレスが起きてきます。

疲労、うつ病、苛立ち、不眠、消化不良、神経過敏、失敗増加
となり、感情を表に出すことをしなくなります。

相手にそれをぶつけることが危険だと察するからです。
そして自我へ爆発していきます。

最終的には自殺へとなりかねない自我への爆発の行方です。

全ての自殺がそうなるとは言えないですが、弱者の心理はここのように思います。

愛する人や子供が心を痛めているなら、「どうしたの?」と気に掛けてあげましょう。
観察する力は愛情だと思います。

モラルハラスメント

心の暴力ですね。

この心理の特徴は暴力側の言い訳にあります。

「自分は弱くて被害者だ。君は救世師だ。君がいなきゃ、自分はダメになるんだ」
と思わせ、その相手は「この人は一人で生きていけない、私がこの人の支えにならなきゃ」
と思う関係が築き上げられてしまう。

何度もずっと言い続けていた「同情心」は人をダメにしていくんです。
相手は巧みにこの心理をうまく利用しているのです。

「本当は弱い人間なんだよ、全部空威張りなんだよ」・・・と弱い自分を見せかけて、
借りてきた猫のように怯えてみせる。

可哀想に・・・私が解ってあげなくちゃね。ごめんね。・・・・と普通の人は思ってしまう。
愛情があれば、余計そう思う。そうやって相手の思うつぼに。

本当に可哀想なのはどっち?

酷い人だと言われようが、自分が嫌になろうが、こっちは「同情の罠にかかって」
手を差しのばしてはいけません。
連鎖が始まります。

好きな時はそれが見破れないようです。

相手から散々残酷な事をされた分、少ししょげるだけで、余計、相手が弱々しく見えるものだから、
「私が耐えればいいのね・・・私が我が儘だったのね」と錯覚する。

もう、騙されてはいけません。

相手は獣です。アニメ見ていたって、可愛く縋って、謝って、同情をされてから、
うまく引っかかったな?と反逆するのを何度も観ているじゃないですか。

下手をすると弱々しくなっている姿が本当だと思ってしまいますが、
いやいや、違いますよ。

本性は獣の心です。人の心を操作するワザを知っているだけです。

もしも、傷付いて、虐められている、バカにされている、言葉の暴力、肉体的暴力は
「傷つけたくなかったんだよ。俺が弱いからそんなことをしてしまうんだ、
こんなに君を傷つけて、自分はバカだ」と相手はいうかもしれない。

騙されてはいけない。一生奴隷として生きて行く事になります。
連鎖は解らないうちに雁字搦めです。

心を操作されているんですよ。目を覚まして下さい。
この人がいなくなると生活出来ないと思うなら、自立しましょう。

出来ないなんて、子供みたいに甘えている心が、支配されるんです。

貴方を尊重し、尊敬の気持ちがあったら、バカにしたり、暴力なんてしません。
相手は、もう逃げられない、弱みを握った思った時に始まる連鎖ですから、恐ろしいです。

自立出来なければ傷は深まるだけです。

魔術と歴史

いやいや、リーディングしていて、凄い事を知りました。

恐竜、猛獣のルーツが魔術界をリーディングしていると見えて来ます。

地球の神々がいる訳とか・・・

動物という魂と人の魂の違いとか・・・

もしかして、魔界より魔術界の方が恐ろしいのかもしれません(^^;)
大変身近にある魔術界。占いも縁起もお経も全ては魔術にかかわる。
それが影響する魂。

心の変化はここか?まで迫ってみました。

1番怖いの欲。

物欲のお金ではありませんでした。お金は天下の回り物だそうです。
どんなに欲があっても、博打とかに走ってしまうようになっているそうです。
必ず無くなる。

お金は神様が与えたご褒美だから、その人が神様からご褒美なんだと思えば、
人からお金巻き上げてと他人を非難する心は産まれない。

そう思う心は妬み。
その心はお金への執着と欲。
その欲から魔が入り込む。

お金持ちの人は、人の恨みをかわないでいられないのかもしれないし
まあ、そんな事考えたらキリ無いですね。

1番の恐ろしい欲は○○という欲です。
確かに不幸がすぐそこにあるものだと思います。

今レポートまとめて居ますが、2500文字に達します。まだ増えそうな(^^;)
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
608位
アクセスランキングを見る>>