スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台へ

明後日から、仙台に出かけます。

数日間滞在してきます(^^)

仙台の生徒さんとお泊まりも有りで、今から楽しみだったりしています。

被災地の石巻、女川まで行ってきましたから、もっと北上して行く予定です。
どこまで行けるかな?

下記の宿泊所に行く予定です。

http://www.youtube.com/watch?v=7y6JXHOfNyo
スポンサーサイト

注意する事

リーディングしていく上でやっては行けない事が3つあります。

1.余計な事を妄想してくっつけない。
2.現実との裏付け、一致があるか確認する事
3.受け身にならない。対象のもの、自分のものの区別はつけること。

そもそも、「真実がわかるなら」リーディングが出来るようになりたいと始めたことです。
出来るようになるのか不安から始まっていますよね。

でも、やってみたらなんか出来そうと思います。
それは、素直に感じたいという気持ちがあったからです。

感じれることが出来る。実感していきますね。
リーディングはそれだけでは不完全なので、その感じる事を理解する力が必要になります。

それが解釈です。

しかし、人は出来はじめると初心を忘れます。
「真実を知りたい」から「当たる」が目的になります。

本当なら解釈ミスがあった時点で、「何がいけなかったんだ?真実はどこから違ってしまった?」
を追求するところを、「なーんだ外れちゃった、できないじゃん。出来ない事が続くとつまんない。
私には無理なんだ」に変わり始めます。

真実がしりたかった筈が、はすなに「出来た」と言われたいに変わり始めます。
真実のことなんて二の次になる。

だから、答えも確認して裏付けするより、辻褄が合うように、作り話が入る。知識が入る。思い込みが入る。
創作になってしまう。

それは、真実とかけ離れるから、当たらない。

間違いは1~3をしてしまっているから。真実が知りたいという事を忠実に守れば、

大切な事を話しているとき、本当にそれでいいの?間違い無いの?信じて良いの?と
自分の事と関係したらそういう風に慎重にならないですか?

リーディングもそうして欲しい。

嘘じゃないという所まで、追求する。その思考は客観性を養います。

今までの思い込みじゃ通用しないを知ってきます。

現実や真実との関係を見つけて行く事は妄想では解決できません。
知りたい、解りたいという気持ちから、「間違い無いのね?」と確信が得られるまで、
追求する事は、自分の大切な事を追求するのと同じことをしているのです。

その位真剣に、その位忠実に、自分の一番知りたい事を知っていくその気持ちは
揺るがない確信を知る事なんです。

妄想や思い込みで真実が出てくるわけありません。

それは、何に対してもリーディングする以上、この姿勢は変わらないで欲しい。

新しいテキストを書きなおしています。

本人に聞く

今日は生徒さんから嬉しい話を伺いました。

「私ちゃんと本人に訊くようになりました」

何の事かと思うかもしれませんが、本当に大切な事です。

人は多分という憶測をして生きています。
しかし、その多分は他人の心まで計れるものではありません。

だから、ちゃんと本人に訊かないと真実は解らない。

日常の思考も大抵は憶測です。その憶測も人それぞれの癖があります。
例えば、自分の分のおやつを冷蔵庫にしまっておいたが、
それが無い時、誰かが食べたと思い込みます。
いや、下手をすると犯人まで憶測しますよね?

でも、それはまだ決定ではありません。
そう思う人ならいいんです。

でも、ここも人それぞれで、違いないと決めつけていく人もいます。前回もそうだったからと。
まだ、予想の段階なら、本人に確認することも思いつくかもしれませんが、
決めつけたとき、本人に確認する事もせず、一人で怒っていることでしょう。

もし、その人が犯人で無い場合、相手は、その態度を見て、何故怒っているのか解らないで
困惑してしまいます。
なんで怒っているの?と、まだ訊けば誤解も解けるかもしれません。

でも、感じ悪い人と思って怒ってしまったら、お互い誤解のまま、冷たい戦争が始まってしまいます。

本人に確認しない結果です。

被害妄想は殆どが、こういった妄想が発端です。
やられた、された、自分は何もしていないのに、非難された、攻撃されたとなるんですよね。

言われた方は無実だとしら、こじれていくばかりです。

本人に直接訊くという勇気があれば、いらぬ悩みが無くなります。

じゃ、訊いて傷付く事はないのか?という疑問が出ますね。
知らない方が良かったと言うことがあるのではないかと。

私は知らないことの方が苦しいものだと思います。
知って傷付いても、次の考えをしようとします。

例えば片思いもそうですね。本人に自分の事が好きか?と訊くことが出来ないから
悩んでいます。

振られたらショックだと思うからです。
ショックですね。でも、そういう人だったという事も知ったんです。
情報が増えた結果、自分の身の振り方を考える次の段階に進みます。

しかし、傷付くのが怖いと思う人は、ずっとその状態が持続していて、
疲労も時間も無駄に使っているのです。

それよりも、傷付くのが怖いなんて言う人は、自分の事ばかりだと私なら思ってしまいます。

相手の求めているものは何かを関心持って観察していたら、自分を必要としているのか、
別の人を求めているのか解りますよ。

解らないと言うことがもう、自分の事ばかりしか考えていない証拠です。
相手の関心に注目しないで、自分がどう思われているかばかりに囚われているから、
相手の気持ちが何も解らないんです。

現実を知りたくないと言う人は、自分の世界に生きている人だと思いますよ。

だから、そういう考え方をするのではなくて、周りの人の気持ちを理解しようと確認しましょう。
行動しましょう。向き合いましょう。知りたいと関心持ちましょう。

そうすれば、誤解も取り越し苦労もしないんですね。
失敗もショックも傷付く事も生きていく以上絶対に必要なんです。

そうやって失敗から成功に行く方法を学んで行くわけですから。

それを逃げて避けて生きていこうなんて事が、他人に関心が無い証拠です。
自分の安全の事ばかりの話でしか無いわけですから、他人に関心なんて行くわけがない。

愛情は自己満足なのではなくて、自分が思い込むことではなくて、
「働きかけ」なんですよ。

相手が求めている事は何かを観察して、間違いないか確認して、必要としている事を
自分が「してやりたい」それが喜びになって、愛「している」という表現になるのだと思います。

想像の想いだけの愛は愛「している」という行動はしていないので、愛「している」とは言わないんですよね。

だから、相手への関心がきちんとあれば、自分の想像が、本当なのかなという確認をして、自分の行動を
決めてもちっとも遅くないんです。

察したことが間違ってしまう方が迷惑という言葉で嫌われてしまう可能性もあります。
観察と確認は現実では不可欠です。

そしてそういう行動と思考をしていこうとする練習ができるのもリーディングの方法です。
だから、今日の生徒さん。昔は確認しなかったけど、今は本人にちゃんと訊くようになりましたと
話してくれたときは嬉しかったです。誤解が減って良かったと言ってくれました。

良かった。被害妄想はうつ病の切っ掛けになります。本当に妄想は怖い病気に発展してしまいます。
どうかそういう妄想で判断決定しないで欲しいです。

必ず確認して下さい。その妄想が正しかったか、現実と照らし合わせて欲しいです。

妄想と現実の境目を忘れないで欲しいです。

長女がうつ症状の時、妄想ばかりしていたと話していました。

その妄想は最悪のことばかり考えていたと話します。

今では本人も身体を動かして知ろうとしていく事を覚えてくれました。
色々な事があったけど、本人もあの頃はおかしかったと振り返る事が出来る程
成長したようです。

傷付く言葉

子供が「ハッピーバースディ」という本を私に見せてきます。

酷い親なんだよ「○○を産まなきゃ良かった」と子供がいないと思って言ってしまうんだ。
それを聴いた子供は、酷いよママという声を出そうとしても声が出なくなるんだよ。

可哀想にこんな事を言われているなんてとその本を持ってきました。


症状はヒステリーの一種でしょう。

親からの影響は確かに強いんですけど、こういう親に育てられたから、
うつ病だとか、人格障害になると決めつけてはいけないんですよね。

勿論、凄く人生が狂う人もいます。大好きな人から拒絶ですから、傷付かない人はいないですよ。

そこで挫けたままの人、立ち直る人といます。
全員が挫けたままじゃないんです。

その本は後者のストーリーだそうです。

分かり合えるという場合が一番いいのですが、私のように分かり合えない関係もあります。
分かり合えないのに、他人の目のせいで一緒に暮らしている人がいますね。

親子なんだから、子が親を見るのは当然だという非難の目です。
他人なんて無責任ですから、当たり前の事を説教するモノです。

それでも出来ない場合どうするんですか?という質問には、何も答えられずに、
じゃ、捨てるの?となる。

説得力もあったもんじゃない。説明という事が出来ない人に言われたくないわ
と、私は心の中で思ってしまう。

言うのは簡単なんですよ。

私のようにどう思われようと、「殺人鬼」になるより、離れて暮らす方が幸せという事があるんです。

夫婦も同じですね。

立ち直るという時、こんな環境なんだから仕方ないじゃない、こんなに自分が捻くれて、
悪くなるのは当然なんだよと正当化して他人のせいにしている心境、ではありえないです。

私は多分今の母は私が赤ん坊の頃はそんな人じゃなかったと思います。
だからこうして生きている。赤ん坊なんて殺そうと思えば簡単に死んでしまいますから。

今の母とは離れないと、安定した精神状態ににはなれませんが、
そう思う様になってからは、母にどことなく許していながら、近寄らないという
そんな気持ちでいます。

母も自分のした事を娘にされるだろうと思うのか、向こうも警戒していると思います。
わかり合おうとするとまた、こじれます。

だから、こうした距離があることで、会う必要が出来たとき、遠慮しながら
話が出来る距離があります。

喧嘩もせず、嫌な所も見ないで、「では、またいつか」そんな状態で、お互いに迷惑掛けないよう
生きていこうとしているような気がします。

最大な思いやりとも感じられます。

87才健康で一人暮らしをしています。
一週間に一度、私の子供が顔を出しています。お小遣いもらいに(^^)
習い事の傍に母の家があるのです。また、元夫も同じマンションに住んでいます(^^;)

決して見捨てている訳じゃありません。仲違いしたくないだけです。

そんな関係になる親子もあるのですから、老いた親を放っておくというのも、
きちんと聞けば理由があるかもしれません。

先入観や思い込みで人を判断してはいけないですよね。
非難の目はそんな無責任な言葉の発言ですから、気にしなくて良いと思います。

非難している人の人格を重視して欲しい。それだけの事が言える人なのか、
ただ、人を非難して喜んで生きている人もいますからね。


その本はどうやって立ち直っていったのか、恐らく書いてあるのでしょう。
子供が読み切ったら読んでみようかと思います。

黒米

古代米のひとつの黒米があります。

私はずっと何年もの間、鉄分が少ないので、常に血液検査で引っかかり処方箋が出ていました。

この薬が余り体調に良くなくて、気持ち悪くなるので、身体に合っていないということで、何度か
薬を変更していました。

ある日、生徒さんから教えて頂いたのが黒米です。
息子さんがやはり鉄分が少ないので、スプーン一杯の黒米を白米と一緒に入れて
炊いたご飯を食べさせていたら、治ったという話を聞いて、早速買って、炊いてみます。

色はほんのり赤飯より白いですが、色が付きます。所々に黒米。

それを毎日1ヶ月食べました。

次の検査の時、なんと鉄分が正常値になっていたんですよ。

それで、子供達は美味しいと思わないから、やめてくれという声があがり、
数値も治ったので、辞めて早2年半位経ちますかね。

全くそれ以来食べていないですが、鉄分が少ないという数値は現れません。

原因は子宮筋腫で出血が多いと言うお話でしたが、今でも筋腫はあり、
やや大きくなっていますが、全く平気です。

薬よりずっと安全で、食べなくても持続しているなら、こんなに素晴らしい治療薬は
無いですよね。

その黒米をリーディングしてみました。
ぎゅーっと握りしめるモノが見えて来ます。硬さを感じてきます。
白い歯も強調してきます。やはり硬い。

鉄材が入っているというより、その硬さ、強さのような事を強調しているように思います。
もしかして、身体が弱い人はこれ健康食品になりそうな気がします。

たまにはこれを入れて食べてみようかなって気持ちになりました(^^)

調べて見ると滋養強壮作用があると書いてありますね。

やっぱり浮腫み

12月10日に量った体重53.1 現在の体重52.8
一時期食べられなくなったときは、51.5まで下がったんですが、
流石にそれは体内の水分も蒸発したような状態でしょうから、これは正常な数値ではないです。

今は健康で、52.8(便秘状態)
300gしか変わらないですが、
ウエスト  -4cm
太もも   -4.5cm   
脹ら脛 -1.8cm
二の腕 -1cm
くるぶし -0.5cm


締まりました。全く別人のように細くなったんですよ。
運動なんて勿論していません。きっぱり。

ただ、毎日マッサージをしています。勿論自分で。
これが痛い所を念入りにという感じですから、少し時間かかります。
30分~1時間位。

パンパンだった膝もアキレス腱も随分変わりました。
太ももは自分では余り解らないですが、他人からは太ももが凄い違うと
よく言われます。

太ももは余りマッサージしていません。足首、膝のみです。下半身は。

上半身はお腹、腕、胸、顔やっています。
エステに行かないで、自分で綺麗にしていきましょう。

美意識を持つだけで、変わっていきます。
もう、これ以上無理、年取ってしまうんだからと思い込みが間違いです。

これからが楽しみなんです。

綺麗になるとおしゃれも楽しい。楽しいから出かけたくなる。
ご主人もあれ?と気がつく。

ちょっと試して見ませんか?

何もつけていない手(乾燥していても)で、目をゆっくり覆ってみて下さい。
ぴったり瞼に張り付くように覆います。

目の前は真っ暗になりますか?
残像は残っていても気にしないでください。ゆっくり呼吸を心がけて下さい。

暫くして頭上から一滴の雫がポトン落ちてきたビジョンが見えたらしめたもの。
焦るとダメかも知れません。ゆっくり呼吸をしていてください。

見えなくても大丈夫。それでも手の平からの力が絶対出ているから。

雫のエキスは万能ですから、美白もハリも全て効き目があります。
ずっとそのエキスが浸透するようにゆっくり呼吸して浸透させてみて。

そうしたら、硬くなっていたものが
花びらが舞い散るようにフワッとしたものが見えて来ませんか?

さて1分位経ちましたかね?
ゆっくり手を離してみて下さい。

離す時、手に張り付くようにしっとりしてきませんか?

違いはありませんか?

疲れがとれた顔になっていると思いますけど?

こんな簡単な事をしてあげるだけで、化粧水も乳液も私はつけないです。

蜂蜜

これ以上でないと言うほど絞り出しています。
力一杯、ギュウギュウと絞って数滴落ちるような感じです。

身を削る感じです。

そうやって集めた蜜だから、エネルギーが沢山集まっています。

苦労とか、勤勉とかそういうものが流れ込んでいます。

そこまで詰まったエネルギーですから、食べ過ぎは良くないでしょうね。

ほんの少しだけ、エネルギーをわけて貰って元気になるという使い方が良いかもしれません。

子供には食べさせない方がいいというのも何か判る様な気がするんです。

スカスカになるまで、絞っている時、純粋ではない絞り汁がぽとんと落ちる。
あれが気になってしまいました。

ブロッコリー

花の部分が枝のひとかたまりが黒っぽくなってポコン、ポコンと抜けます。
そうするとモリモリまた新しいのが生えてきます。

どうしても、隙間と密集の繰り返しが気になって仕方ありません。

常に何かが足りないという気持ちが起きてきます。

満足しては、不満をつくり、また満足しては、不満になる。
同じ場所ではないので、あそこが、ここがと不満を作ってしまう。

でも、ちゃんと満たしていきますが、今あるモノをもっと成長させてもっと大きくと
いう発想ではなくて、穴が空いたから、そこを埋める感じです。
ぎゅうぎゅう詰めいたい。のびのびしたいのではなくて、常に忙しいとか、常に不足を見つけるとか
そっちに夢中になっているような気がします。

私はちゃんとやっている。

そう思う事で、満たしているような感じです。

何かが足らないという時にはとても良い食材かも。
ただ、常に満たされた気持ちが持続されないのが、残念ですね。

そう言えばブロッコリーも緑が足らないという時に彩りで使いますよね。

分析

リーディングは分析をしている事=解釈と言えます。

思い込みや妄想で話を膨らます事が解釈と勘違いされてしまうように思います。

分析していきます。それが無矛盾になるまで、分析していきます。

何故?どうして?裏付けは?証拠? そして始めて、揃ったと成るんですね。

今まで失敗しているリーディングは思い癖だと思います。

性格の一種と言えますが、妄想が多分から絶対に発展する思考の人はリーディングは出来ません。
いつも自己流の解釈なので、自分の都合なので、完全ではありません。

裏付けをみつけようとしないと自信のないリーディングになります。

諦めてしまうとしたら、それ以上見えません。諦めはその先をストップさせます。

質問が解らないと言う言葉を沢山聞きます。
質問は自分が疑問に思う事全てです。

丸いものが見えます。なんて質問したらいいんですか?と訊かれます。

関心が無いんですね。その丸いモノに。見物しているだけですから。始めて見る物体に
あれなんですか?と誰か教えて下さい状態なんです。

もしそう言う気持ちなら、自分から進んでこれ、球体?それとも円?と関心をもってみて下さい。
関心を示さないという態度も他人への関与がその程度だという事実があると思います。

自分に投げかけられたビジョンです。知らなければ成らない事がこの○に隠されて居るとしたら、
それは自分が知りたいという関心がないと何事も始まりません。

事実が知りたい。

その気持ちから入れば、なんて質問したらいいのですか?という質問も無くなります。
だって解らない事だらけじゃないですか?それを知ろうとする気持ちになれば良いんです。

気に入った人に対しては、知りたいから、何時の電車にのるのかな?と関心寄せたりしますよね?
何にも興味無い人には、電車も知りたくないし、それどころか、こちらのことも知られたくないと
思います。

リーディングは前者の気持ちでやらない限り、解明できません。
解らないと放棄すれば、それは何時になっても出来ないになります。
関心を自分から起こす。興味を持つ。知りたい、教えたい、そうすることで喜ぶ人がいる。
そう思ったら、関心もって積極的に知ろうとして欲しいです。

初心の頃、自分もリーディングが出来たら、事実が知れるんだと思っての入学ではなかったですか?

出来ないじゃないかと思うのもご自分です。
出来るようになったと思うのもご自分です。

自分の思考が全ての現実判断をしており、決定していくものです。リーディングも現実の行動もです。

私は常に出来るように居続けたいと思います。そこには物事の関心事がある限り、追求していきます。
その追求は事実の分析です。

本当にそこが事実なの?

疑問に答えを出して、分析していきます。矛盾がないか、思い込みで辻褄合わせていないか?
裏付けが出来ているか?他の考え方は出来ないか?

他の考え方がないか?という部分は大変重要です。

これが出来ないと思い込みが膨らんでしまうからです。自分のリーディングは絶対だと
思い込む原因ですね。
要するに偏見でモノを解釈する人の癖です。

この部分は理解出来たが、こっちの部分は理解出来ないというのが残された場合、
他の考え方がある筈です。

腑に落ちない状態です。完成されていません。

そこまで自分を掘りさげる難しさがあります。

常に自分への疑問の闘いをしていきます。

現実の行動と絶対一致している事があります。
それとリンク出来たとき、始めて腑に落ちるんです。

そう言うモノですよと言いくるめられた話は、どこか「ふーん。実感湧かないけど
そうなんだって」となります。

リーディングはそんな話ではありません。

「そうか、だから、あんな行動(現実的に)をしたんだ。解った、納得した」となります。
そうでない限り、リーディングが成功したとは言いません。

来年度のイベント

4月から新年度が始まります。

国際カウンセラー協会のイベントが決まりました。

詳しくはホームページにてご確認下さい。
4月のイベントお申し込み受付しています。
4月のは非会員の方もご参加頂けます。

旅行は 淡路島と讃岐うどん 日本が始めて出来たと言われる神話の場所ツアー
    会員の方のみ参加 まだ日程不明です。夏頃発表予定

新年会は 何時もの所でも良いかな?と思ったり、もっと違う所を探してみようかな?と
     ますます素敵な場所で素敵な時間を♪

風蓮の宝石箱 石の会員様特別セールあり


年内イベント
4月13日 心と身体編 露出する夏に向けて 顔、下半身痩身マッサージ方法 はすなが痩せた方法

6月29日 心と身体編 露出する夏に向けて お腹 二の腕痩身マッサージ方法 はすなが痩せた方法

7月13日 キラキラ呼吸法 応用編 偏頭痛、首痛、肩凝りまで簡単に治る方法 姿勢とバランス
      自己評価が決め手の思考からくる不調

9月14日 座談会

9月28日~29日 笛野はすな講演と個別リーディング 思い通りに生きる方法

10月   宿泊イベント 淡路島と讃岐うどん 

10月12日 石の活用法 石の変化

11月30日 美意識と元気は繋がっている

12月7日 食事で身体を調節 生かす食事

1月11日 新年会 エンターテイメントで盛り上げましょう(^^)お年玉 プレゼントあり(^^)

2月、3月は未定

会員様がご満足頂けます様、努力してまいります。

4月のイベントご参加の場合、会員の方は無料です。

ご参加のお申し込み時までに、年間費用8000円のお振り込みが必要になります。

旅行、新年会、はすなの講演等の特別なイベント以外は全て無料になります。

また、非会員の方でも2000円で聴講する事ができるものもあります。(全てではありません)

会員資格
1.トライカウンセラースクール生徒及びスピリチュアルリーディングマスターコース受講者と卒業者
2.カウンセラー経験のある方
3.スピリチュアルリーディングに興味がお有りの方
4.カウンセリングを実務で必要としている方(接客業、営業など)

いずれかの条項を満たす方

新規お申し込みの方は下記から進んで下さい。
http://try-cs.jp/association.html

思考の癖

人それぞれ思考の癖があります。

ポジティブに考えられる人、警戒しながら、安全を確保の考え方の人
不安から逃げる様な思考の人など、色々です。

その思考の道程は常に自己判断です。
そうと思い込むという部分です。

日常でも、真実(事実)は一つなのに、解らない部分は、予想や妄想や思考の癖で真実を歪んで解釈し
判断ミスや偏見が生まれてしまうものだと思います。

まして、本人はその思い込みは正しいと信じる。
確立が高いと信じる。

誰も批判する人はいない。だってそう思い込んでいるのだから、誰も相談もしない。
現実に事実確認もしない。

全て結論は自己判断です。思い返せば、思い返すほど、間違っていると微塵にも思いません。

それが危険なのも知らずに。

リーディングは常に客観視を要求していきます。
自分の癖で見ていくと間違った答えになります。
思い込みだからです。勿論まぐれ当たりもありますけどね。

その思考の修正をする方法にリーディングが上げられます。

もし、事実と間違っているのなら、矛盾が生じているのなら、
追求が甘いのなら、思考が正しく真実に導いていないからです。

その正しく思考していく方法を習得する方法がリーディングだと
今私は思います。

真実は一つしかありません。それが解る唯一の方法だと思うからです。

きちんとマスターした人は多分ご自分の思考の失敗や癖をリーディング出来ることで、
理解しているのと違いますかね?

無意識に、思考が変わると思います。

全てが本人の予想です。それが妄想なんですね。

人は考え事をする生き物ですから、当然予想します。
その予想の転換が妄想の段階になります。
この時思考の癖が出ます。

なのでポジティブに毎日を過ごしている人は、

人を「どうやったら喜んでくれるんだろう」
「悲しませないようにするにはどうしたら良いんだろう」と
「私にどうしてほしい?」
という相手の心を基準に自分の行動を何処まで合わせられるかと考えていくものです。

無理をするのではなくて、どこまで、自分は叶えてあげられるかな?
人助けは全てそこですよね?
困っている人を助けるというのも全てそこが原点です。

しかし、被害妄想になっている人は、「その人に好かれるには」「他人から良くみられるには」という
考え方になっていて、「責められない行動をするには」と
全てが自分基準の思考なんです。

だから他人の目が気になる。

その基準からはずれて、もっと相手が笑顔になる事を自分がしてあげようと行動しましょう。

そうすると例えばですが、
「結婚するとしたら、まず、私がどうしたらいいかな?花嫁修業かな?」
と相手に質問する事も考えつきます。

「料理が上手になってほしいかも」
と言ってくれたら、

「解った料理教室探してみる」

そんな会話は楽しく無いですか?

悩みの多い人は相手を喜ばせる事をする事を妄想してくれるのではなくて、
如何に自分が「正しい」人間だと思わせようとしてしまうんです。

相手の親に好かれるように、きちんとした所に勤めていないといけない、とか
私と話していても楽しく無いだろうから、電話や会うより、メールで話そう、とか

全て基準は「自分」です。
相手の考えは予想でこう見るに違いないという所に行き着いてしまいます。

これが被害妄想です。

全て自分に向かってこう思うだろう・・・と予想しているのが解ります。

この思考の癖でリーディングしても、正しいリーディングが出来るわけがない。

その修復をしていくのがリーディングです。
ちゃんと真実を見つめていく。間違った思考になっていないかと自分に問いかける。
そして気づく。

これをやっていくと、自分の正しい判断力が付いてきます。

矛盾が分かり始めるからです。

しかし、この修正が出来ないとリーディングは間違ったままで進んで行き、
まだ、出来ないと苦しいスランプに入ります。

思考の癖に気づいて、修復し、思考で自分を苦しめていることに気づいて欲しいです。
それは癖だけど、その癖に気づいて修復して、本当の心の安らぎを知って欲しいです。

最後のイベント

3月2日最後のイベントが終わりました。

リーディング大会でした。

最後なので、女子が喜ぶスイーツで、銀座から買って来た素敵なタルトです。
すみません。撮影忘れました。

5種類で10ピース購入。
じゃんけんで好きなものをチョイスしていきます。

殆どこのタルトの話で盛り上がってしまいましたね~

リーディングも勿論しました。

イベントに参加して頂けると交友関係も増えます。
仲良く話している姿が嬉しく思います。
大人数になるとまた違う雰囲気になるのかしらね?

毎年旅行も計画します。

小冊子も出していきます。

来年度もよろしく御願い致します。

逃げの思考

出来なかったら・・・・

それを考えるととても不安になります。

その時は、妄想で、こうなって、次はこうなって・・・最悪あーなるのか
って予想を立てます。

人は安全に生きていきたいですからね。

しかし、この妄想は現実ではない、現実になるものという真実性もない。

思い込みの段階です。まあ、最悪予想ですよね。想定しておくというか。

でも、この先は最悪になったら、どうしよう?となります。

このどうしようは、
「最悪にならないようにするにはどうしたらいいか」

「最悪になったらどうやって対処しよう(逃げよう)」

の二つが浮かびます。

全てその思考から始まりますから、
「最初からやらなきゃいいんだ」

「○○と言い訳すれば良いんだ」
「○○をとりあえずやっておこう」
となります。

そして安心してしまう。
とりあえずのやり方だから、深慮の答えではないんです。

発展がない。進歩がない。そしてこんな事しか思い浮かばない、あるいは行動に出来ないという結果に
自己嫌悪してしまう。

もう一つ思考しないとならないのは、
「最高にするにはどうしたらいいのか」

「その準備はどうすればいいのか」

です。

しかし、ネガティブシンキングの人はこの思考をしないです。

最高にするには自分が努力する事が要求されます。
やらなきゃならない「自分への課題」が出て来ますから。

そうして、また、もしそれが失敗したらとネガティブな思考へと
進んで行くんですね。

「どうやって逃げたら、安全地帯に駆け込むことができるか」
という思考になっています。


風が強いんだけど、外にでるのどうしよう と同じです。
嫌なんだよな~
やーめた。

ですよね。

辞めた理由の言い訳を探して、これなら通用するだろうと、嘘だろうが、デタラメだろうが
相手が「肯定」したらそれで、辞めて良いとなります。いや、強行でも辞めますね。

どうやってらその風に立ち向かえるかの思考を全くしていない。
それじゃ、外になんていつになっても出られるわけがないですよ。

ヌクヌクしているんだものね。

でも、ヌクヌクしていてはいけないと自分では気づいていたらどうしたらいいんでしょう?

外に出るしかないんですよね。一回で成功しようとしないこと。
風の強さ、コートの善し悪し、靴など全てを測るには、何度も失敗して解って来ます。

一回で成功しようと妄想するから、現実みがないままに、怖くて行動が出来ない。
出来るわけが無い。

一度出てみて、そうか、風向きが見えて来たぞ、あそこで転んだから、あそこを克服するには
次はどうするか。

よし、あーしてみよう。というチャレンジになります。

失敗していい。失敗しないと解らない。

失敗が嫌、傷付くのが怖い、立ち直れなくなる。
なんて妄想が始まって、怖じ気づいてしまう。

その妄想は安全なのではなくて、悲惨にさせているんです。
早く気づかないと、今の年齢は幾つですか?いくつまで、そうしているんですか?

という事になってしまいます。

そして、その人の最後は、あーももうどにでもなっていいや~と風の中に出てしまう・・・
それは、成功に向けて出ていったのではなくて、追い詰められて、逃げの気持ちで出ていくから、
思った以上に悲惨な結果になってしまうんです。

失敗したら、それを糧にするのではなくて、負けを認めました~と外に出たからです。

もっと早く、もっと深刻になる前に、(妄想で膨らませない)行動出来ていたら、風向きや強さ等
測って立ち直って立ち向かえたかもしれないのに。

ヌクヌクして「現実を知らずに」時が来たとしてしまったからです。大きな失敗になってしまいました。

情報、準備をしていなけば、失敗します。その為に何度も痛い目や、辛い目にあって、
それを糧に「よし、今度はこうやってみる」きっと成功するに違いないと思いながら、
人は成長していくものだと思います。

辛い目や痛い目に遭いたくないのは誰も一緒ですが、
それが致命傷になる前に、思慮をして、次ぎに結びつけられるように準備する、情報を得ることですよね。

逃げる方法にエネルギー使うのではなくて、
最高の成功への準備や情報を得る事にエネルギーを使って欲しいです。
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
395位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。