FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

トータルマッサージ

Posted by 鶴木マキ on   4 

先日、池袋にて協会の痩身講習会をしてきました。

上半身の痩身ですが、つまんで流すが主流です。
何処をつまむかは言葉では難しいので、お話出来ませんが、皆さん、頑張ってお付き合いして下さいました。

私は脚、腕、顔、お腹、脇、胸という順番です。

心臓から遠い順番ですね。

昨年の10月の写真をお見せしたら、「えー」と驚かれてしまいました(^^;)
顔が全く違うそうです。

小顔になりましたからね。
先日の朝、ご近所の方に「何?また痩せたでしょう?」と
声を掛けてもらいました。「一番は顔だね」です。

顔って朝浮腫んでいますよね?全部取り切れていないんですよ。
そのままにしていると眉間に皺が付き、ほうれい線も深くなり、輪郭もブルドックのようになります。

年齢を重ねるごとに老化は加速されます。
メンテナンスを自分で行えばそのカーブは和らぎます。
早いうちからそれを知っている人と知らない人では差が付くのだろうと思います。

今は、私は独身の頃の体重に戻り、身体も楽になりました。
プロポーションも酷くは乱れていないと思います。自分で言うのもなんだけど。

勿論運動が嫌いな私ですから、半年の強烈なマッサージをして痩せました。

強烈というのは、浮腫は痛いんですよ。老廃物がそこに溜まっているわけです。
ずっと動かないでいたものを無理矢理指圧で動かすから痛いです。

でも、一度開通すると、一回、二回、撫でるだけで浮腫は直ぐ取れます。
今私はとても楽ちんに浮腫を取っています(^^)

スポンサーサイト

Posted by 鶴木マキ on   9 

塩焼きもバター焼きも美味しいですよね。

先日はフライにタルタルソースを掛けて食べました。

その鮭ですが、逆撫でしてきます。逆らう。

鮭は産卵の為に上流にめがけて川を逆流していきます。

逆撫でと関連していますね。

性格で言えば天の邪鬼ですね。

マグロ

Posted by 鶴木マキ on   5 

お刺身と言えばやはりマグロが王道ですよね。

そのマグロをリーディングしていくと、ぬかるみというか、グジュグジュのところ
と表現しようがないのですが、そこの場所に棒を突っ込んでクチョクチョしている
そんイメージです。脂身をこねているかのような感じです。

擬態語、擬音語で幼稚な表現ですけど、それしか言いようがなくて。

硬めの部分が周りにあり、中味がぬかるみの状態です。

とても綺麗なイメージではありません。いじくり回すというか、弄ぶというか。
目的も分からないです。

余計な部分と言えばいいのでしょうか。弄りたくなる、けど、それは余分なもの。
そんなイメージと言えばいいのでしょうか。

無駄というのかな?のりしろというか・・・

悪口の心理

Posted by 鶴木マキ on   0 

悪口言う人、人を非難する人の話を聞いていると、「第三者の非難」の話を聞きながら焦点をその第三者から離れて「本人の攻撃したくなる理由がある」をさぐると大変面白い。

悪口の内容を分析していくんです。

不満がある所にとても大切な事が隠されてからです。
批判する理由が鍵です。

何も不満がない人は他人の悪口も言いません。
だって、自分と関連ないから、どうでもいい話となるからです。そもそも、自分は自分になっています。
同じレベルじゃないから、そう言う人もいるよ、程度にしかなりません。


では、そう思えない人を見ていきます。
その不満の原因は「他人から自分はどう思われるか」の部分です。

批判を怖がる人は人の悪口を意外と沢山言っています。
中には無意識に自分は悪者に思われたくないからこそ、第三者の批判にすり替えている事があります。

悪口には聞き手の読解力が必要だなとつくづく思います。
読解力がないと、真実が見えてこないからです。

ある人からの話です。もう数年も前ですね。
「どうしてそうなっちゃったの?私の知り合いでも、急に変わった人がいてね。みんな離れていったのよ・・・・」

私としては「?」何の話をしているんだろう?と思いました。
よく考えれば私の悪口を耳に入ったんでしょう。そしてその通りだと感じたから、私に諭したんだと思います。
「このままなら、みんな離れるわよ」と忠告したんでしょうか?ご親切に。

だから、その噂話が、私の耳に入っているというのが前提で話始めています。

黙って聞いていくと「最初は善人(そのはそう思っている)で、ある日から悪人になった」というような内容です。
同じように急に変わって「どうしてそうなったの?」と私本人に尋ねる・・・・(^^;)

私もその人と同じで悪者になったという事ですわ。

私は寝耳に水で、その時、何が言いたいのかさっぱり分かりませんでしたが、
私に真実訊く前に、悪口言った人の話を全て信じてしまう・・・共感したから私に話しているはずです。

どこに共感したのかを分析していくと、その人の深層心理が見えて来ます。

私の事、そう思っていたんだという部分ではありません。
「そこが貴方に足らないんですよ」という部分です。


要するに悪口を言う人の「不満」がその人自身をそのものを現しているんです。


不満は自分の中に溜めておけないから人に話します。人に話して自分の不満の正当性を訴えます。
勿論自分の都合の良いように言うわけです。

しかも、共鳴してくれそうな人に話しているはずです。話す人を選んでいます。だから、私に
「どうしてそうなったの?」と思ってくれそうなわけで、その人が選ばれた人なわけです。

沢山の人が共鳴したんではなくて、共鳴しそうな人を選んだんですよ。

客観性も正当性もないのに気付かない人のやりそうなことです。

悪口を言う人の心理という部分では、本人の心理が深く関係していると言えます。
刺激しているんですよ。その自分の「深い妬み」「不当性」「気が済まない」が関わっています。


こうやって分析すると「悪口が悪口に聞こえない」から不思議です。
その不満を抱えるだけの「人間性」が見えてくると、「よかった、自分そうならなくて」と
思えてくるから不思議なものです。

悪いのは他人ではなくて、本人の受け取り方、考え方が全てです。
自分の不満はどこからなのかの分析ができたら、成長していきます。

他人への攻撃をするだけ、自分を苦しめていくんです。
人のせいにする人はとても苦しんでいる人です。多分出口がないでしょう。

心理学の勉強していて感じるのが、心理学の歴史を学んでも何も解決にならない。

心が如何にして楽になるか・・・辛く感じるのは、はき違えることではなくて、真実を受け止められる自分に成長することだと私は思います。

「まだ認められない自分」に向き合う事です。「理想と現実」の部分です。

その真実は偏見で歪められてしまう事も沢山あります。
冷静に客観的になれる人と会話してみて下さい。そう言う友人がいる事が前提ですけど。


自分をもっと成長される人と仲間になりましょう。
そこに不満がある「気が済むにはどうしたらいい」を考えていける人になると、
そんな人と比べられない程「認められる自分」になればいい。


他人に「認められたい」でも、思う様にならない。
そして、もがいたあげく、認めてくれない人を「悪口」にして、そうねと頷きそうな人を選んでは、
自分を正当化して、悪口言っているだけです。

その心理が多いと私は思います。

残念ながら、「悪口」から貴方を認める人は一人もいない。

安定した心

Posted by 鶴木マキ on   0 

ショックな事、つらい事、悲しい事で人は悩みます。

心の安定を求めたとき、「相手のせい」となるとこれは辛いんです。
自分は被害者ですから。無抵抗な自分に加害者が「追い詰めた」となります。
どんなに酷い事を自分がしても、「加害者が追い込ませたから」という解釈をするからです。

これが逆に辛いのです。

常に自分はされる側ですから、逃げます。
逃げても逃げても逃げ切れたという気持ちにならないから、安堵がないんですね。

これは辛い気持ちがつのるばかりです。

考え方一つで悩みは解決する。あるいは、ストレスを存分に発散すると悩みは消えたりします。

一つは泣き明かすです。
辛くて、悲しくてと言う時、泣け~涙が涸れるまで泣け~
かなり吹っ切れます。

もう一つは考え方です。
相手のせいで自分が可哀想と思うと、悔しくなってりして、苦しみます。

精神的に自分の方が上だと思ったら、相手の子供じみた事が、相手にならなくなります。
大人になれないなら、子供の考え方なんだから仕方ないと思います。

挨拶できない人もそう思うと気にならない。
迷惑掛けられても「出来ない」人なんだから仕方ない、期待しなければいいこと。

辛い気持ちって相手に「期待して、裏切られた」と思うから辛いんですよ。
期待した方が悪いんです。

そこまでの人じゃないんだから、その期待をしなければ、落ち込まない。

告白もそうでしょう。
相手も好きでいてくれたらと期待するから、「振られたら」辛いんです。

約束は守るものと思うから、約束破る人を責めるんです。

最初から頼まない、期待しない、自分の事は自分で始末できたら、相手に期待持ちません。
辛い気持ちになることもないんです。

裏切られたと思うとき、「裏切らない人と期待していた」から辛いのであって、
「そう言う人だと知れた」と思ったら、大きな事件になる前で良かったと思うことが出来ます。

結婚する前に分かって良かったとか思ったりしませんか?

どう考えることで、心理的安定した考え方が出来るか、の視点は意外に楽になります。

ただ、思い込みの世界はとても危険なので、相手に期待しない考え方を心がけることです。
本当は相手も約束破りたくなかったんだよな~と考えると、期待が消えていません。

期待は傷付きます。
そんな酷い事をする人だと思わなかったとなりますから。

ならば、そんな酷い人なんだと思う事です。それでも、付き合うのか、付き合わないのかは
自分が判断すればいいのです。どの位の距離を持って付き合う事がいいのかの判断基準になったと
なります。

能動的な思考で行動しましょう。被害者ではなくなります。可哀想な自分でなくなります。

論理的な考えができると、とても冷静になれます。
理数系の思考はこれが出来ます。

○○をするということは、悲しい。
愛するということは、▲▲である。
だから、○○は▲▲ではない。
▲▲は正しい。
○○は間違い。

相手は○○をしたから愛する人ではない。
という考え方ができるからです。

論理的な思考をする人とお話してみて下さい。
とても腑に落ちた感覚になります。

逆に慰めはその場だけであって、ますます心が乱れます。

やっぱり私は可哀想なんだ。
やっぱり相手が酷いんだ

となるだけですからね。ちゃんとお話を聞いている人は、
論理的に分析して、腑に落としてくれます。

腹式呼吸で「幸せ脳を作る」方法

Posted by 鶴木マキ on   0 

挫けやすいヒト、ネガティブシンキングしやすい人、寝起きが悪いヒトなど、
今の状態を改善したいと思っている人に有効な深呼吸方法です。

腹式呼吸で「幸せ脳を作る」方法
キラキラコース 受講料 8,400円

     修了書・テキスト付 全4時間・1日修了講座

場 所 : 東京池袋がんばれ子供村に変更 4F
http://kodomomura.com/access.html 

日 程 : キラキラコース  13:00~17:00(全4時間・1日修了講座) 

       2013年7月13日 土曜日 13時~17時(ご予約制)

持ち物 : 筆記用具 無垢の丸玉をお持ちの方はご持参下さい。

http://asna.jp/fuuren/kirakira.html

挫折

Posted by 鶴木マキ on   2 

挫折は誰でも起きます。

一番下の娘は小学6年生です。中学受験はしません。初めから決めていました。

この子の成績が下がりました。塾はシビアでクラス分けがあり、5クラスあります。
彼女は3教科(英、国、数)とも上から2番目でした。

娘は行きたい大学があります。塾に行かなければ成績が下がると言うことも分かっています。
周りの子供達は受験の為に塾に通っています。

恐らく半数以上は私立の中学へ通うでしょう。

「これじゃ、目標の大学には入れないよ」
と話したばかりの時、クラス分けテストがありました。

彼女は下がり、下から2番めのクラスに算数のクラスだけ入る事になってしまいました。
テストを見ると出来ていません。複雑な形の面積のところでした。

そろばんを習っている彼女は算数を甘く見ていたのです。

泣いて私に「塾に行きたくない」と訴えてきました。

正直な気持ちでしょう。楽しく無い、中学の先生だから難しくて分からないと・・・。

自分も同じ気持ちになったことがあります。出来ない自分に悲しくなる。
思いだします。この辛さ分かります。
とても叱る気分にはなりません。その辛さが蘇って自分の事のように思います。

「分かる。ママもそういう体験したから分かるよ。これで出来ないままに「恥ずかしい」辞めたい、
辞めるとしたら、出来ないままで、あとになったら出来るようになる?ますます出来ないが増えない?

出来ない事を分からないままにした結果こうなったって、今分かって良かったよね?
6年になって2ヶ月が過ぎた今分かって良かった。早くにそれに気付かせて貰えたじゃない。
これが半年経って分かるより、ずっと楽に挽回できる。

面積の所だけだよね?今はここだけが出来ない。半年後ならもっと広い範囲で
分からないが増えていた。
良かった、今出来ないが分かって。

ね、目を逸らさないでごらん。出来ないが分かったら、何がいけないのかを知る
チャンスだと思って、出来るようになれば、元に戻れる。

どうしてテスト出来なかったと思う?」

娘は泣くことを辞めて、
「5年生のように簡単に終わるとおもっていたら、とても時間がかかる。計算も複雑で、時間がなくなる。」

「そうだね。6年になったら、5年生のままじゃダメなんだよね。5年生の通りにしようとしていたら、
ダメなんだと教えて貰ったね。

じゃ、もっと時間を掛けて、もっと早く出来るように練習を重ねないとならない事が分かったんだから、
これからもう少し多くの時間を掛けて練習に取り組まないと早く解くことが出来ないを克服しないとね?
やってみる?」

「うん、出来そうな気がしてきた、やってみる」

彼女は勉強が好きではありませんが、次のテストが2ヶ月後にあります。
この時にクラスを上げないとと、今取り組み始めました。

勉強だけに集中できない多感な頃です。異性に興味が半端ない。それはそれ。これはこれ。

この子は上二人をじっと小さい頃でも見ていたんだと思います。色々な事を言わずとも分かっています。
お兄ちゃんはウサギだった。できるからサボった。

勉強しなくなれば、「ギリギリでも、やれば出来るは絶対に通用しない」と。

出来ない人が奇跡的に出来るようになるには、相当の努力が必要になります。
今の努力が嫌な人に突然数倍の努力をするとも思えない。

娘には高校と大学の偏差値を見せて今からこの高校に入ると決めさせています。
そうでないと、目標の大学には入れません。きっぱり。

勿論大学が全てではありません。でも、小学生の話題も何処の大学に入る?と話しているそうです。

彼女がそうしたいという目標ができているのであれば、その為の情報を提供して、
現実にさせてあげたいと協力したくなります。

そして、失敗は「出来ない事を知るチャンス」
克服するチャンスだから、何が出来ないかを沢山知りなさい。その為には挑戦しなさい。

楽しみ♪

Posted by 鶴木マキ on   10 

今日は「昼間からのもうぜ」の日です。雨じゃないのでメインは外がいいかな?

夜早く寝て、朝から準備しています。

卒業生からの差し入れのベルギーフルーツビールがありまして、これが美味しいのです。

そして、ローズリキュールがあるので、みんなで呑もうぜ(^^) バラよバラ♪

sake.jpg

庭で栽培しているバジルとローズマリーを使ってスパゲティと鶏肉の料理をしようかと(^^)
メニューは煮付け3種類とポテトサラダとサンドウィッチに太巻きも作ろうかな?w 
足りるかな(^^;)?

あと三時間でいらっしゃいます~

該当の記事は見つかりませんでした。