確認という行為

リーディングという行為で特徴なのは、想像とはかなり違うビジョンが見えるという所から始まります。

なので、そのビジョンの意味が通じない事が多いです。なんでこんなものが見えるんだろうという言葉が正しいような気がします。

それから、それを紐解くわけですが、人との会話も「この人何を伝えようとしているのだろう?」と思う事があります。
それと全く同じです。

人との場合、よく話を聞くという姿勢 + 分からない所は質問する をしていると思います。

質問して分からない所の回答を得て納得します。

リーディングも同じ事をしていきます。

リーディングをしながらよく聞く言葉があります。

「どういう質問をしていったらいいのか分からない」
「正しいのか間違っているのか、サインが分からない」
「よく見えない」

自分の思い込みの答えを出していて、その答えと一致しないから、出来ていないとしてるように
思います。

自分でこじつけて答えを出してしまっています。
本人の考えを伝えて欲しいという事が答えではありません。
リーディングはあくまでも高次元からの答えですから、自分がその高次元の通訳なわけで、
自分の考えや、自分の思考を伝えてどうする?

きちんと、自分は間違っていないか、確認して欲しいです。

リーディングは正確に通訳することです。自分の思い込みを説明してほしいわけではありません。

質問が浮かばないのは、○○のような気がする。
あっているか?と訊くのに、無反応。
じゃ、違うのか?と訊いてもはっきりしない。
よく見えない。もっとはっきり見せてよ。

としているように思います。

○○のような気がする。まではいいんです。

その後、必ず、それで正しいのか、自問自答してほしい。いや、神様に尋ねて欲しい。

例えば、そう見えた・・・まではいい。
確認しているつもりになってしまうなら、自分は確認しないところがあると自覚して欲しい。
そうすれば、気をつけますから。

確認しているんです。というのなら、毎回していますか?です。

このことか?と思う度にきちんと確認していますか?
確認していないから、ドンドン次ぎに行ってしまうんです。

一つ一つ確実にやっていけば、突然こんなビジョンになりましたという話にはなりません。

人の場合には、分からない事を尋ねて目の前で反応があります。
神様ともなれば、違うよ~ とは言いません。逆に間違っているから無反応なんです。

なのに、正しいと自分で思い込んで居るから、もっとはっきり見えるはずと待ってしまいます。
待って、無反応だから、よく見えないと言っているようです。

無反応、はっきりしないは、自分の予想は間違っていると決定して欲しいです。

神様は「正しい」という時にしか反応しません。そう想っていいです。
もし、全く違うビジョンが出て来たら、違う見せ方をしたか、ご自分の質問への答えだったりします。

一度に沢山の質問をしたら分け分からなくなっていきます。

例えば雲をリーディングしていて、
カーテンが見えて来ました。
 「カーテンですか」
ゆらゆら揺れるカーテンらしく、見えて来ます。
雲 = カーテン なはずです。

しかし、失敗する人は次ぎに質問する言葉は大抵共通しています。

「カーテンってどういう意味がありますか」
「ゆらゆらするってどういう意味ですか」

その質問は余り意味がないです。
そのカーテンを暫くみていると、カーテンのやりたい事が見えて来ます。

風を強調したいわけではありませんよね。隠したいわけですよね?

ここはこの質問ではなくて、カーテンの役目を自分なりに考えて欲しいです。

「隠しているという意味でいいんですか?」
と二番目の質問が出て来ます。

するとカーテンの生地が厚く見えてきます。向う側を見せなくしていくように感じてくれば、

雲は白く青空を隠します。雲の上に神が居るという事なのかもしれない、山の上は雲で見えない時がある。
もしかしてその時はその部分に神がいて隠しているという事?

となれば、山に神が宿るとはそういうことか・・・と現実にも一致してきます。

雨や雪も神が降らせている訳ですね。

自分の考えなきゃならない部分と、質問で全て答えを出して貰うとしている所の違いを分かって欲しいです。

自分で考えたら、必ず それが正しいのかと訊ねて欲しいです。
訊ねたら、無反応は 「自分が間違っている」です。
自分は正しいと思い込む人は必ず失敗します。

自己主張してはいけない部分です。

こういう訓練をしていく事で、「自分の思い込み」で判断をしているかが分かります。
多分、普通の生活でも「思い込み」を正しいと判断している事が多いと思います。

いや、この思い込みそのものが「間違っているかも知れない」と自問自答していたら、間違い無いか?と
確認していく姿勢になります。

その姿勢になっていく事で、自分の世界に入り込むことも限りなく少なくなります。

思い込みで自分は間違って居ないという思い込みは「間違っている」ことに気付けと
自問自答していく訓練をリーディングはしているのでは無いかと思います。

スポンサーサイト

来期の授業

4月から少しシステムを変えようと考えています。
詳しくはまだ発表できませんが、Skypeと横浜のみでやっていこうと考えています。

便利にもっと快適にをモットーに。

カリキュラムの変更は特にないのですが、何ヶ月かに一度は合同の授業をネットを通してできたらいいかな?と思います。

新企画なのでまだ決定ではありませんが、質問とか、情報のシェアが出来るようにしたいと思います。
完全に時間制にします。私も長話のタイプですから、そこをきちんとしていきます。
トイレにも行けなくなっちゃいますよね?

協会の方も新たにビデオで発信する方向を考えています。
カメラも買っちゃいました(^^)

講演もビデオで出来ますし、地方の方もわざわざ出てこなくても良いですね。

協会の人にはブログで言えないことをビデオを通してバシバシ言ってしまおうと思います。
シークレットで発信できるのであればの話ですけど。

衝撃的な話なので、信じるも信じないもあなた次第という所ですけど。

どうしてお金がいつもないの?という人と、ドンドンお金が入る人との違いも話します。
無駄遣いなんじゃありません。
狡い人が儲かるなんて違います。正直な人は貧乏と言いたいところですが、過激な貧乏は正直とはとても思えません。
普通の生活が出来ないとしたら、借金ばかりしているとしたら、
それは、何かが上手くいっていないんです。何かの歯車が合っていないんです。

上手くいく人、行かない人の違いなどそんな話もビデオでお話していきましょう。

いつもの神社へのお参り企画は毎年行います。

来年はオーロラツアーをしますので、お申し込みは今年の夏頃行います。

来期4月の内容が決まり次第こちらで詳細をお知らせ致します。
よろしくお願い致します。

ラボの提出

卒業生によるリーディングの発表をしています。

興味ある内容の提出があるので、とても私はワクワクしています。

「神」をリーディング
「虹」をリーディング
「作家の才能」をリーディング
等々

私は「エジプトとアトランテスと宇宙エネルギー」をリーディングしています。

これが楽しいリーディングなので、文章化する事がじれったい(^^)
想像を遙かに超えるリーディングを知って、私は好奇心をずっと持ち続けていられるのだと思います。

自分の小ささや想像の限界を知って、委ねる事、受け入れる事を学んでいます。
自らの空想の限界があります。それはリーディングではありません。

全く意味不明のビジョンから、解釈していくリーディングは想像を遙かに超えた答えがでるのです。

ピラミッドも八面体の半分の姿。正四面体が作れないのであれば、正八面体も作れません。
でも、ピラミッドなら作れます。確かにこれが限界の三次元の姿なのでしょう。

凄いパワーの形である、正八面体からピラミッドを指導した人は?
四次元て時間空間がない?違うぞ~。他の高次元て何?

色々書きますよ~

協会員全員にPDF化しようかと思います。
どうしても冊子にして欲しいという方は「風蓮の宝石箱 冊子希望」
と件名に書いて下さい。簡易製本してお送りします。

しもやけ

しもやけを見ているととても痛々しいというか、可哀想な指になっていますね。
赤くはけ上がって痛がゆい。

リーディングしていくと、雪の結晶のようなアスタリスクのような形が見えてきます。
それが指先に傷を付けていきます。

六角形なので悪いものではなさそう。
しかし、上手く自分の理想との方向へと進んでいないと言えます。
摩擦があります。自分気がついていないから、指先全体が痒くなります。

イライラしてしまう程痒いのもその一つとなります。

温度差で霜焼けができるとしたら、やはり何かの温度差があるのだと思います。
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
608位
アクセスランキングを見る>>