辞めない理由

昨日卒業してもずっと続けている方とお逢いしてお話していました。
勿論レッスンもあります。

続けている理由を伺うと「まだ自分は完成されていない」と思っていますと仰います。

こういう気持ちで良いんだと思います。
そして、「卒業生なんだから、出来て当たり前だからそういう自分で居続けたい」という理由もあると思います。

落とし穴が一つあるとすれば、「出来ているんだから間違う訳がない」と思ってしまう所です。
そして、「そのリーディングは違うように思う」と私が指摘したとき、反感を持ちはじめて、私に反論をしてきます。
そして共通して「出来ていないと言って続けされてお金儲けしている」と思うようになります。

はすなは、間違いを指摘してはいけない状態です。

自分は出来ている前提だから、出来ていないを受け入れられない。
常に出来ている。凄いと言われ続けていたい訳ですから、出来ていないという言葉に反感が湧きます。

この感情は恐ろしく、凄い攻撃的になります。「どうせお金儲けでしょ?」と言わんばかりの攻撃になります。

間違いを直さなきゃという気持ちより、腹黒いはすなと思いたくなるんですよね。

卒業生になると恐ろしく変貌する人を何人も観てきました。
リーディングを続けている人の謙虚さを私は信じています。

精神世界は完成という言葉はなく、常に傲りとの闘いなのではないでしょうか。
出来るように成った途端、傲る人はどこの世界にもいます。

そういう人の背景を見ていくと、自分の未完成を受け入れられない人の行動が多分「傲り」になるんだろうと思います。

色々立派な方を観ていく中で、不完全なご自分を理解している人は謙虚ですね。
勿論人間ですから、不愉快もありますよ。気に入らない事言われたら怒りますよね。

でも、そこに、やはり、もっと自分を高めたいと思えば、もっと高めた人との交流が増えていくものだと思います。
周りを見ればどんな人達とお付き合いしているか、鏡のようにわかるのではないでしょうか。

嫌な人とばかりのつながりだとしたら、もしかしたら自分はその嫌な人と他人は想っているかもしれません。
逆であれば、お互いに高めようと努力している人達なのではないでしょうか。
そういう人達は「他人からお金をむしり取っている」なんて思考している人は一人もいませんでした。

自己投資は当然だという人達との会話はとても生産的でなるほど、そういう性格だから、人は集まり、
また、仕事も成功して「むしり取られた」と考えずにいられるんですよね。

自己投資は何事も必要なんです。それが自分を高めるためなら、お金も人も付いてくる。
私も自己投資しています。お金があるからなんじゃなくて、お金より価値があると信じているから。

もう一つ、これだけ自己投資したんだから、金額以上の自分になる努力をしていきます。
無駄だったと思わない何かを得るつもりで取り組みたいと参加し続けています。
スポンサーサイト

テーマ「出会い」の名越先生

行って参りました~

名越康文先生のラジオイベントに~

お話が楽しいのであっという間の3時間でした。

固いお話かと思いきやいえいえ、先生の素を観たような気分でした。

怒るところも人間らしい。笑わせようとして話しているのではなく
てという所もそうなのかもなあと感じます。

先生の「出会い」という話ですが、それは「衝撃」との出会いだと
お話します。
何も初対面に限らない。
感動を伴う出会は当たり前の事ではなくて、絶対誰もしないだろう、
時間軸を越えた出会いがあるとお話します。

とても哲学的で常識的な頭脳で聴くと入ってこないです。
でも、いつものリーディングの感覚で聴くとすーっと入って来ます。
この切り替えが面白かったです。
自分自身で。

時間軸を越えた出会いはその人の話の中から見つけるのですが、
先生は医師なので、生物学的な所が時間軸を越えた細胞の話に
なります。

遺伝子を考えたら人は死んでいないと。自分の遺伝子は子孫に
ずっと受け継がれていくから、実際は死んでいないというのです。

しかし、人は死に向かって生きているともお話します。
でも永遠なのだと。

その上で「衝撃」を与える講義をしたいとお話します。
そんな人間になりたいと。

つまらない、小難しい話をして、周りに理解されたかされないか
分からない話をして満足するのではなくて、
コアの人達だけで良いから「衝撃的」に映る自分でありたいと。

そうすることで人は永遠になるんですと。

言葉には出されていませんでしたが、人の心に永遠に残る出会い、
さらには、歴史に残るような事までを指しているのでしょう。

「衝撃」との出会いは小さい事柄からさらには「永遠」まで
展開していきます。

忘れられない人に出会う。
素敵なことですよね。

人はそういう人を探し求めて生きているのかもしれませんね。

4月からの授業内容

今はスクールも横浜とスカイプという形になりました。今の所、値上がりする予定もありません。

今年からはそれに加えてハングアウトを利用して授業を取り入れて行こうと思います。

複数の人数で授業をネットで行います。料金は月謝の中に含まれます。
日程のほうは月に1度の土曜日の午前中1時間だけしようと思います。

スカイプは音声とか、不安定なので、安定な方を選びます。

4月は12日午前中に行います。協会員の方、現役の生徒さんを対象に行います。
協会員の方にはメーリングリストでURLアドレスをお送りします。
協会に入っていないけど、聴きたいと言う方は、ブログである程度の告知を今後も行いますので、
参加希望のメールを下さい。

URLアドレスをメールでお送りします。

それまでにGoogleのアカウントを取って、ハングアウトのデバイスをダウンロードしておいてください。

また、講演のような事もビデオをダウンロードして貰うようにしていきます。

時々講演もやります。でも、数多くする事がなかなか難しいので、ネットを利用して身近な環境を
作っておきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します。

危険と隣り合わせ

私が思うのは、リーディング別次元に繋がる作業なので、危険な事を承知でやっていかないといけないとつくづく
感じています。

危険な「作業」だからです。

魔の世界をご存じの方、ご自分はこちらに繋がったことがあるとご自覚が在る方は特にそのアンテナは
消えないのだという感じがしています。

なので、そのアンテナを如何に退化状態にしていくかです。

いや、知らない人でも、危険な領域と繋がっているのか、安全なものと繋がっているのかの境目の区別が出来ていない
はずです。

要するに違いを知る必要があります。

霊感も同じです。恐らく霊界は異次元です。その異次元に繋がりやすい人は違う異次元にも繋がります。
ただ、その別の世界は魔界に近い部分だと感じているので、幽霊という怖いものと重なるのでは無いでしょうか。

神という異次元は遠くの上の方にあります。霊界は隣にあるという感じがしてきます。
魔界も下の方と横から感じてきます。

その区別をしらないと全て守護神、守護霊と繋がっていると勘違いしている可能性もあります。

違いは明確です。本気で傲ります。「私は出来ている。間違わない」と。
そして、会話でも、矛盾に気付けません。
都合の悪いことは心の中に浸透しません。入って行かないという状態になります。

クライアントさんに昨晩このことを教えて頂いて、ハッとしました。
その通りだからです。

占いの好きな人で、特に、「当たる占い師」と言う人を指すとき、
自分の都合の良いことを言ってくれる人、
「当たらない占い師」と言う人、自分の都合の悪いことを言う人。
と区別している人が多いです。

気持ちは解りますけど、自分をもう少し分析出来るようになるといいですね。
未来は不明だから、幸せや希望のある未来が待っていますよと言われると嬉しいです。
信じたくなるだけなんですよ。

人生山あり谷ありです。その谷は知りたくないのが人情ですね。

神様って山の時は知らせる必要はないんですよ。これから良いことありますよと知らせません。

知らせるとしたら、今のあなたは間違っていますよ~と知らせているんです。
早く修正しなさいと言っているんです。

そして修正出来た人は、ご褒美として山になるんです。嬉しい事が待っているんです。
その喜びを先に言いますか?プレゼントはサプライズだから喜びも倍増になるものですよね?


自分を傲っている人は違う意見を全て否定して、相手が本当の事を話しているのに
入って行かないから、全て「酷い人」となるからです。
そういう事を分からない人がリーディングが出来るとか、霊感があるとかいうのなら、「ヤバイ」です。

まさしく傲りの状態ですね。謙虚にそうかもしれないとなる時、素直な時、上と真っ直ぐに
なる素直な状態、繋がった状態と言えるのではないでしょうか。

自分は出来る・・・恐ろしい言葉です。
私は常に、自分に「出来ていないのかな」と疑っています。
だから、クライアントさんが違いますと言ったら「あれ?解釈間違えたか、チャネリングが違うのか」
と自分を疑います。

この姿勢でやっています。クライアントさんが間違えていますという気持ちにはなりません。

でも、2回目に同じビジョンの時は、クライアントさんが嘘を言っていると申し訳ないですが、
判断しています。

思い出しました。

昔、石のエネルギーを変える人という人に逢いました。
その人が私に渡して、触って違いがあるでしょう?と訊かれました。

「私には感じませんが」と正直に言ったら、

「あなたは鈍感なんですよ、何も感じる事が出来ない人なんです」と・・・。

あのね・・・石を握りしめたら、暖かくなるんですよね~。脈打つ様に感じる時ありますけど、それ、自分の脈ですから。
なんて言えないですよ。

石の違いはジリジリきます。本当にジリジリです。それを知っている私にはジリジリ来ませんでした。
って話なんですけど(^^;)

まっ、そういう嘘を言う人も多いと言うのも事実なんです。
兎も角矛盾の事を言う人、偉そうになる人、怒る所じゃないのに、怒る人は、何か変なのと繋がっている可能性大です。

ラボのレポートの締め切りが近づいて来ました

ラボのレポートの提出が3月末です。楽しみにしています。

今回色々なテーマで、またまたとても内容の濃いものが出来上がっています。

リーディングが出来るようになっても皆さんが続けていらっしゃるという事にとても感謝しています。

傲らない人達はいつも自分は出来ているのか?間違った方向に向かっていないか?と
思っていると思います。

だから、リーディングを続けてくように思います。進化していくのを知っているからだと思います。

そんなお話も今回のラボのレポート提出の中で書いてありました。嬉しかったです。
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
608位
アクセスランキングを見る>>