国際的

日本の未来を考えたら老人に優しくない国。

どうやって老後を過ごすかをずっとテーマに考えていました。

タイに住む

漠然にこれしかないのかも?

そんなことから動き出したら、留学生のカウンセラーをしている方をご紹介いただいた。
関西の大学の講師も務めていらっしゃる。

タイで暮らしていたこともあるらしく、私の話に深く頷いてくれて、
タイでカウンセラーができるように道を作ろう。

そんな話が浮かんできた。

私はその方達の力を借りて、タイにコミュニティーを作る仕事を始めます。
また、すぐに大阪に行きます。もっともっと話し込まないと。
スポンサーサイト

東京講演

身体の痛みや症状には皆さんかなり関心があるのだと思いました。

癖も無意識もすべて表に出ます。心が現れているのです。心が体を使って
表現しています。

それらを見ていくと自分の事を常に気づかなかった間違いに気づきます。

昨日講演をしながら、かつての事を思い出していました。
自分が鼻炎の頃のことです。今は鼻炎ではありません。

私はかつて池坊を習っていました。生け花です。
凄い偉い先生の下についていたこともあって、お茶の水に学校があるのですが、
そこに通う事ができていました。

それが自分の中では誇らしげになっていたのはわかっていました。

人前でそれを自慢する事はなかったですが、自分て凄いかも~という気持ちはどこかに
あったと思います。

そんな時、電車で通う私はその電車に乗っているときが一番つらかったように思います。
鼻水が止まらない。普段よりなにより酷いです。

その意識がいけないと教えていたんでしょうね。

その当時そういう意識がいけないんだとわかっていたら、すぐに治っていたことでしょう。
自信を持つことと、傲慢になることは違います。

自信はやる気につなげられますが、傲慢はナルシストですからね。
自分の傲慢さに気づいていくと薬に頼らないでいられると私は思います。

その傲慢さは一つとは限りませんけど。
いくつもあれば、すべて気づいたらきっと鼻炎は治っていると思います。

大阪講演

大阪講演を終えて戻ってきました。

久しぶりの大阪です。一年ぶりですね。

懐かしい方のお顔を拝見できるのは嬉しいものです。

平日にも関わらず遠くからいらしていただけるのは感謝いたします。

ランチしながらの講演もなごみがあって、みんなとお話しながらできるから、
とても楽しくできました。
私も緊張せずにお話できましたし。

また、伺いま~す。

グループレッスン

生徒さんへ

10月から新規カリキュラムになります。

通常レッスンの方、
来月からグループレッスンが始まります。
予定は
第一日曜日10時半
翌週木曜日 10時半、21時
翌週土曜日21時
と毎月繰り返していきます。

10月はは5日10時半
16日10時半、21時
25日21時
計4回ととなります。

参加は自由なので、毎回出てもらってもいいですし、
0回でも構いません。

1時間のレッスンです。
スカイプはノイズが凄くなる時がありますね。
ハングアウトがいいのかな?と思います。
ハングアウトダウンロードして笛野はすなにリクエスト送っておいてください。
スカイプの場合もありです。

ラボ生
ラボの集まりもやりたいと思います。
参加しても、しなくてもかまいません。

卒業生以上でラボ、もしくは生徒レッスンしている方対象です。
最終日曜日10時半です。1時間よろしくお願いいたします。

天才の部屋は散らかっている

http://tabi-labo.com/37752/messyroom/

面白いですね。科学的に証明されたそうです。

片付けが苦手とくよくよしていた人には朗報なのではないでしょうか(^^)

私がライター?

一部の方ではとても有名な方からゴーストライターにというお話が飛び込んできました。

正直、悩みました。いいのか?本当に?
心のどこかで「私がしたいのはそこじゃないよな」

それにしてもなんで私なんですかね?
スクールのテキストすべて私が書いているのですが、
それを読んだので、そのお話が来たのです。

私ライターじゃないからね。
笛野はすなですから。

誘惑なのかもしれませんね。闇の中に入るのか?と

この話白紙になったので、今なら話せる事になりました。

変わる時

朝会いかがでしたか?

土日と同じ内容のことをした感じになりました。

今回本当に思う事が2つあります。

1つは普通って何?本当って何?
これは哲学の分野ですね。私の得意分野(^^)です。

だから常に頭に描くのは、何が本当なのか?です。

こういう行動するのは、なぜ?
そんな風に考えることが多いです。

スピリチュアルの今の状態はなぜ?
そんな事も考えています。

だから、人の話やメディアでうろうろ狼狽えるのではなくて、
自分の世界をしっかりさせることですよね。

その自分の世界って何?
ここが問題です。来月はこんな話をしていきます。

2つ目は何かのせいにして逃げていることに気づけという話でした。
トラウマとやらも、実はだから仕方ないじゃないということなる。
インナーチャイルドを癒してあげて~という言葉もまあ、よくありますよね。

インナーチャイルドって何?まあ、これが哲学ですから、なんでも疑問になる。

子供の頃のつらい出来事があるから仕方ないのはわかる。
ここで人々は二手に分かれる。仕方ないからいいでしょう。
仕方ない事につらくなる。

いいでしょう。の人はそのままそうしていればいい。できない事を無理にすることの方が
心が壊れます。

つらくなる方が問題。
トラウマなんだという事にしてしまうからつらくなるんです。
トラウマを認めてしまうから、常にそれがある。それがあるからつらくなる。

克服するか、しないかの問題でもない。
私はいかに上手に共存するかだと思います。
これも次の話ですね。

つらいとか、できないとかって言い訳を作るからなんですよ。
できないトラウマと決めた理由がそこにあるから、あたまからできないと決める事ができてしまう。

違う。そんなんじゃなくて、どうしてそれがつらいの?
どうしてできなくなってしまったの?

その理由がわかることの方がよっぽどこころに優しい。トラウマと片付けないこと。
理由がわかると、心がホッとします。それでいい。

次は、それを思い出しても大丈夫なくらいになるといい。
あーいや、あーやだの思い出でも、人に語れる位になると、かなり落ち着く。
落ち着いて来たら、今度は客観的にそれを分析できる。

私は高所恐怖症です。克服しようとは思いませんが、私は足の周りに囲いがあれば、
怖くない事を知っています。これは私だけのことかもしれません。

山の上から夜景を見るのも好きです。高いビルに上るのも好き。
自分は高所恐怖症だけど、●●だと大丈夫という事を知ることの方がよっぽど重要です。

頭ごなしにトラウマだから、できないで片付けないで、もっと色々分析しましょう。
できることがあるはず。それは何?

次回は「自分の世界」哲学が好きになってくれるといいな~(^^)
プロフィール

管理人:はすな

Author:管理人:はすな
誰かに助けて貰う為にこのスクールを求めて欲しくないんです。
自分で立ち上がる勇気にして欲しいです。

もっと心を知るのに知識が必要だと思う方、
この次元以外の部分からも理解したいと思う方、
両方を取り入れたスクールです。

❤❤❤http://try-cs.jp/ ❤❤❤

蝶が舞うリースの時計
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
3966位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
608位
アクセスランキングを見る>>