FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

感情に左右されない③

Posted by 鶴木マキ on   0 

(今回も前回からの続きです)

期限ともくかく決めることで、自分の目標が明確化します。
期日までに決めた結果が出なければそこで軌道修正をしればいいことで、
出来なければダメだと決めて始める必要はありません。

逆にいえば、小さな目標をいくつも作る。期限も短くする、
そして小まめにチェックするという方法をとるのがいいのではないかと思います。

その繰り返しを継続して、習慣化できるようになれば、
気がつけばコツコツと先に進んでいるのではないでしょうか?

まず未来になりたいイメージする。
おおまかな達成期日を決める。

そして細かく区切ってどんどん現在に近づいてくる。

今どこまで進むのか意識して、一番近い将来(例えば一週間でもひと月でも先)
までの目標に向かって行動することを考える。

そして細かく軌道修正して進む。

そうすると、出来なかった時良い訳が出ますが、言い訳を出さないために
する手段を同時に考えましょう。

言い訳はやらなかった自分が怠惰であるか、目安を謝ったか、
どちらにしても自分のミスであることが多いと思います。

言い訳していても変わらないので、それは認めて先を考えて行きましょう。

自分の未来は自分で切り開いていくしかありません。
待っていても何も変わらない、そんな風に思います。


スポンサーサイト



感情に左右されない②

Posted by 鶴木マキ on   0 

(先週の記事の続きになります。)


まずは自分が今の状況を作っていった事実を認める。

それが出来たら、ではどう考えたら同じことを繰り返さないか考えていきます。

悪い状況に陥っている時には必ず自分の思い込みがあります。
周囲に対しての確認が足りなかったりすることは多々です。

当たり前ですが、自分の思い込みが正しかったのか確認することが何より大切です。

いう間でもなく常識だ
と自分で思っていてもです。
言葉で確認をとるということを日本人は好みませんが、
言わないと通じていないことが沢山あります。

だからまず確認。
確認したらはっきりするので、そこで自分のなかのモヤモヤした感情もだいぶ
消滅していくのではないかと思います。

モヤモヤとした感情は良いことを生みません。

想像力は高めるかもしれませんが、いい想像より悪い想像の方が
モヤモヤでは増えてしまう気がします。

なので、確認は必須です。

確認したことに一喜一憂することはやめましょう。

事実だけみましょう。
感情というものは人の中で強く表面に出やすい部分ですが
それに支配されるのはとりあえず後回しにしましょう。

事実を繫ぎ合わせて検証していくと、
自分がはたしてどう行動していけばいいのか見えてきます。

同じ失敗なり後悔をしない為には、自分の行動を変えて行かないとならないでしょう。

行動力は大切です。

その時、何をして何をしなかったか(取捨したことをきちんと意識できる)
分かりながら行動できたらいいかもしれません。

行動したことで変わったことは何でしょうか?

以前と少しでも変化があり(例えば自分の内面でもいいです)
悪くない方向に行っていると思えばそれは成功なのです。

いきなり100%は望まず少しずつ結果を出る行動を考えていく。
これは実はとても重要なことだと私は思っています。

継続する力、これが何よりも大切なのだと思います。

少ししただけで結果が出ないことで挫折したと思うのは
各自の感覚の問題なのだと私は思います。

成功か失敗か、それが挫折なのかは継続した先にあるのではないかと思います。

少しでも変化があればゼロではないという気持ちで取り組むことが必要です。

このやり方でいいと思ったら続けてみる、
そのための期限を決めて目標を立ててみましょう。



感情に左右されない①

Posted by 鶴木マキ on   0 

5月というのは新緑の美しい時期。

春から初夏へと向かうとても気持ちがよい時期です。

その反面、五月病と呼ばれる環境の変化がひと段落して
そろそろ周囲に慣れ始め、緊張の糸が緩みストレスで
こころの疲れがどっと出てくる頃でもあります。

こころが疲れてしまうというのは、
自分の思う通りになっていない時に強くストレスを感じ
どうにかしたいと思い込んでしまいイメージ通りいかないことに
更にストレスに感じてしまいこころが疲れるのですが、この疲れるに至るプロセスで
人は頑張ってみることをします。

それは自分自身に働きかけたり周囲に働きかけたり、様々なのではないでしょうか?

しかし実際自分のイメージした通り進んでいない現実を実感しストレスに感じます。

そしてイメージ通りにいかないことを何かや自分のせいにして攻撃をしてしまいます。
この攻撃の過程で人はこころを強く傷つけダウンしてしまう。
結局ダウンの元は自分が作り自分で病気になっている訳ですが、それを認めたい人はいません。

当然周囲のせいにして周囲に助けを求めます。

頑張らなくていいのだよ、とか
今のままでいい、とか。
暫く問題から離れて気持ちが変われば、こころの疲れも直るだろう、とか。

本当にそうでしょうか?

問題を棚上げにしたまま目を背けていても、似たことが起きた時また
ダウンしてしまうのではないでしょうか?

問題から目を背けるのではなく、一端起きた事実は受け容れましょう。

起きたことは変えようがありません。

もしこうだったら、の仮定は仮定でしかなく、
終わったことについて反省はしても悔やむのは時間の無駄でしかありません。

悔やみたい気持ちは分かりますが、感情に支配されていては
こころの回復には時間がかかります。

事実を受けとめるということは、

自分は悪くない

という自分が正しいと思っている思い込みを認めて

こうなったのは自分が最終的に判断したのだ

という自己責任でこうなったのだという事実を認めることから始まります。

これは自分に対して冷静にならなければ受け入れることが難しいので、
私も何度もできずに人のせいにして時間を無駄にして過ごしてきました。
(話は長くなるので次回また続きを書きます)





これから時流はどうなっていくのでしょうか?

Posted by 鶴木マキ on   0 

ゴールデンウィークが明けまた日々の暮らしが戻ってきましたね。


年号が変わりあらたな時代になり
この秋には消費税も上がるでしょうし
東京オリンピックも開催される…。

考えてみると令和の時代も変化の多い時代になりそうな予感がします。

変化が大きいと人は対応におわれます。
年齢が高くなるとつい

ついていけない

というセリフが脳裏に浮かぶのですが、いくつかの大きな事柄が用意されているので
予測できる自分になる、ということができるのではないかと思います。

大まかな未来、というか時代の流れる方向がいくつかのキーワードでみえてくると
その時が来た時に慌てない自分になれるのではないかと思います。

それではどうやってそのワードを読み取るか。

時流を読み取るのには情報を沢山得ることも勿論でしょう。

しかしトレンドは沢山過ぎるので、全体の流れを掴んだら
自分が特に関係や興味を持つところに重点的にアンテナを張りめぐらせることをお勧めします。

なぜなら、興味があるということはそれについて先を見極まる力も自然とあるのではないかと思うからです。

これからはマクロよりミクロ。

より細分化されていくのではないだろうかと思っています。


5/19の瞑想会

Posted by 鶴木マキ on   0 

令和最初のゴールデンウィーク、皆さまはどの様にお過ごしでしょうか?
今日は連休の折り返し地点。
私の様な平日勤め人は

あぁ、あと半分か…と思いながら少しの寂しさと、そろそろ仕事のことも考えないとと思いながら過ごしているのかもしれません。
サービス業の方は忙しさもあと半分と気合を入れ直しているころかもしれませんね。
家庭を守る人は、家族とまる一日顔を合わせていられる時間もあと半分。
その後はまたそれぞれの日々の生活スタイルが戻ってくる、その様に感じているかもしれません。

日々目まぐるしく過ごしてる私たち、たまにはリラックスして自分の内観を感じ取る時間も必要かもしれません。
トライカウンセラースクールではひと月に一度、銀座で瞑想会を開いております。
何度か行かれた方も、初めての方も、5月の瞑想会は少し今までと違っている様子ですよ!!

気になる方は以下をクリック願います!
5/19の瞑想会

該当の記事は見つかりませんでした。