FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

「生かされている」こと

Posted by 鶴木マキ on   0 

「生きている」というより「生かされている」と考えると

毎日を一生懸命生きようと思う、ということを
この6月中の記事に書いてきました。

もし毎週ブログを楽しみにしている読者がいたなら、
少しでも考え方や感じ方が変わったかな?
変わるようになってくれたらいいな、と思っています。

人が他の生き物と違うのは、ただ「生きている」のでは
ないからなのだとここで書いておきたいと思います。

ただ「生きている」と本能で感じていると、本能で
「死にたくない」となるでしょう。

でも人間だけは「生かされている」と思うことができるから
死ぬ時もまた決められて死んでいくのだと考えることができます。
つまり生死というのは自分で決められるものではなく、
どこか人のあずかり知らぬところで決められている。
偶然に生まれた訳でも偶然に死ぬのでもなく全て整った状態で
この生を過ごすのだと思います。

そんなのおかしい、つまらない人生だと思うでしょうか?
しかし、私たちはそれがいつなのか知らされていない。
分かってしまえば上記の様に思うかもしれない。
だけど分からないから今を誠実に一生懸命善く生きようと思うのではないでしょうか?

実は生きることの命題はこのことであるような気がしてなりません。

そう思うと、どんな時でも、どの様な状況でも目いっぱい生きようという気持ちになります。

スポンサーサイト



「生きる」ってなんだろう

Posted by 鶴木マキ on   0 

「生きる」というWordが2週にわたり出ているので、

「生きる」ということはどんなことだろうと少し考えてみたいと思います。

生まれたのだから生きるのは当たり前だと考えたことがない人は沢山いると思います。

当たり前すぎて考えるまでもない。そんなところでしょうか。

しかし、なぜ私たちが生まれたのか考えてみるとさっぱりわかりません。

それはDNAとかの話をしている訳ではなくて、どうして今この場にいるのかは
本当に不思議なことなのです。

こんなに不思議な中生きているのだからきちんと生きたいと思うのはしごく当然です。
そしてこの場にいる不思議を思うと、生きているというよりも、生かされているんだと
思えてきます。

自分の意思(表面的な意識のことです)で生まれてきたというよりも、
生かされていると考える、と今ここにいること自体が
奇跡的なことだと思えてきます。

そう思って周囲をみると、周囲もみんな奇跡の塊なのだなぁと思えます。
この偶然だと私たちが感じている奇跡の塊を前にすると、この偶然の奇跡は
どうしておきているのだろうと思えてきます。

するとやっぱりそれはこの場を作ったものに気持ちが向かいます。

前にも書きましたがそれが分からないから神様といいます。
全てを作った存在。

神様が私たちが生きることを許可しているのだと思うと
日々を真剣に生きようという気持ちにならないでしょうか?

自分に嘘なく生きるとは?

Posted by 鶴木マキ on   0 

先週、日々を善く生きるとは「自分に嘘なく生きる」ことだと書きました。


この「自分に嘘なく生きる」とはどういうことでしょうか。

自分の気持に正直になって生きること。

つまり、

あぁこんな自分じゃヤダなー、
こんなことめんどくさいなー。

なんて思っている気持ちをまず正直に受け止めることなんだと思います。

嫌だとか、めんどくさいなどのネガティブな発言を今自分はしているけれど、
だからと言ってこのままでは何もかわらない。

このままでいいのか?ということになります。

良い訳じゃないからネガティブな発言をしている。
ということは、この状態を自分は嫌なのだということまでを受け容れます。
そしてただ認めるだけでなく、自分がどうやって改善していけるか考えることです。
なぜなら、この状態が嫌な訳だから。
本当にしたいことは何なのか?

こうありたいと思うことまで思い描けて、それに向かって真っすぐ向かうことが

「自分に嘘なく生きる」ことだと思います。

こうして歩んでいくと、失敗した時に周囲のせいにしなくなると思います。



日々を大切に生きる

Posted by 鶴木マキ on   0 

6月に入りました。

ナントぞろ目!あの映画思い出しましたが書かないでおきますね。
からだに数字の6が浮かぶあれです……。

さて、この記事を書いている現在5月下旬なんですが、
まるで真夏の様な気温が続いています。
どうしたんでしょうね。

私たちは自分で生きている様に思っていますが、
本当は生かされているのだと考えてみると日常のみえかたも
変わってくるのではないでしょうか?

人も自然も生きとし、生きけもの全ては必要だからここに存在している訳で、
自分の意思よりももっと大きな力の中で生かされている。

その大きな力というものが何か分からなくて神様ということばを使うのですが、
その意思によって私たちに住む世界はどうにでもなるのかもしれません。

こういう異常気象が続くというのは、警告の様に思います。

私たちがエネルギーの集団だと考えると、悪いエネルギーが多くなるようなら
きっとかけがえのないこの地球は更に警告が続いていく様に思います。

大きなエネルギーが小さなエネルギーの集合体だとすると、私たちひとりひとりが
生かされている中でより善い日々を生きようと意識しないとならないのではないでしょうか?

「より善く生きる」とは日々を大切に生きる。ということだと思います。
日々を大切に生きる為には「自分に嘘なく生きること」なのだと思います。

この「自分に嘘なく生きる」とはどんなことなのか、それをまた次回に書いてみたいと思います。

該当の記事は見つかりませんでした。