FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

リーディングの危険

Posted by 鶴木マキ on   1 

リーディングは解釈が要です。

その解釈の危険は「自分のリーディングは絶対」と思い込むところです。

疑って下さい。
魔に染まらない唯一の方法です。

人は先入観があります。憶測で判断します。
リーディングもそれが出来てしまいます。

ある人が真っ暗な洞窟を歩きます。その道の行き先は茨の道。
あー、そっちに向かっているという意味だなと判断してしまう。

浅はかなリーディングです。

最初から茨だと思わなかったのか?
茨が見えたら普通引き返します。

あるいは、取り除けるのかと判断するのが普通です。

もし自分ならどうするかと、何故思わないんだろう?
そうしたら、それを訊いて欲しい。

引き返せないのですか?
茨は手でとりのぞけるのですか?

その先に灯りがあるのですか?

見せかけの目の前の茨を見ただけで、そっちにいくんだなと決めてかかる。
やっばりと言う・・・酷い。それをリーディングとは言わないんですよ。

茨をどうするか、対処出来るのか、その道から引き返すことが正しいのか?

もしかしたら、その茨は見せかけて、紙で出来ているかも知れませんよ?

疑いましょう。自分の目を騙されない為に。

もっと慎重にリーディングしてほしい。もっと自分ならその時どうする?と
思って欲しいです。

茨の道を、「やっぱり」と思うから、魔の道にはいりますよと言ってしまうんです。
茨を取り除けるのか試したのか?です。

本物の茨だったのか?ですよ。

そこまで突っ込んだリーディングが出来ていないで、自分のリーディングは絶対だと
思い込んでいるとしたら、傲りでしょう?

間違いを見抜けないリーディングをしているから、自分の解釈が絶対だと思い込んでしまいます。

自分を疑わないから、魔物と繋がったリーディングをしていても、自分の「やっぱりね、思った通り」で
解釈しますから、見抜けないで、魔に操られても気付けない。

操られたら、自分は間違って居ないと言い通しています。

私は常に、「本当なのか?」を念頭にありますから、神様と例え繋がっていても、
神様だったら、絶対矛盾は無い、失礼だろうと見抜くと言うことを心がけています。

何度も質問して、言い方変えて質問していきます。
自分のミスを見つけるんだと思います。この質問に対して、このビジョン?

それは○○という意味ですか?
○○には△もあると思いますが?
△は×に行く人もいますが、何故行かないのですか?

みたいに○○という答えがどの方向性で質問しても間違い無いと思うまで繰り返します。
慎重なリーディングです。

そういう柔軟性がないと、「やっぱり、思った通り」から抜けられない。
リーディングは「やっぱり」というのを超えた答えがでるんです。
だから、気づきとがあるんです。

やっぱりのリーディングは自分の想像のリーディングの延長にしかなっていないんです。
そんな、分かりきった事を教えるような浅はかなリーディングはリーディングではありません。

スポンサーサイト



鶴木マキ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

1 Comments

笛野はすな says..."No title"
 その傲りは卒業生に出やすいですね。困ったものだ、本当に(^^;)

昨日までは魔と繋がっていなくても、今日から繋がるということは、常にあるわけです。

あの時出来たから、今も出来ているという甘い考えも苦労しているなら、解っているはず。

自分は出来ているのだろうか?その気持ちがある限り魔には繋がっていないです。

自分のリーディングは「絶対間違い無い」と思った瞬間、その気持ちこそが
やばいかもと振り返られる自分でいたいですね。

私も自分で8割は大丈夫だけど、2割は解らないです。間違いの解釈をしてしまう事もあります。
絶対、ミスはしませんとは、申しません。しかし、見抜く練習をしている限り、その2割もやってはいけないと思います。
間違えることはありますよ。と言うことが甘えですからね。

解釈の失敗は先入観や自分の思い込みが殆どです。多分そうだろうと思ってやると、
そういうこじつけをしたくなるものですから。

想像から抜け出ていない。真実を見抜こうとしていないです。

こじつけのリーディングは絶対現実と矛盾しています。「そう言う人ではありません」
「そんな話はしていません」と本人がいいますから、解りますよ。

本人が嘘をついていると思うのではなくて、何故現実と違うのかを知らなければならないです。
自分の解釈が間違っているのかも知れないと謙虚になれない人がもう、ヤバイ。

本人は多分正しいと思っているのでしょうけど。気付けないから仕方ないです。

そう言う人は離れる事になる様です。
2013.02.15 09:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。