FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

リーディングが出来ないスランプの時

Posted by 鶴木マキ on   0 

今テキストを夢中になって書いているのですが、遅くなって済みません。

ん~やればやるほど難しい。

どうしてもスランプから抜けるところで躓いてしまいます。

リーディングは解釈が要だと常に言っているのですが、
問題はその解釈は自分の思考が影響しているということですよね。

その思考が正しく動いているときは正解が出ます。でも、偏見が入ると間違えます。

その間違いが続くと、自分は出来ないのかと不安になるのでしょう。

ビジョンが見えるのに、どうして、質問が上手くいかないんだと悩んでいくんですよね。

私だってありますよ。何を言わんとしているのかさっぱり分からないと言う事が。
辻褄合わないじゃないかと、どこから間違えているのかともう、焦りまくりです。

焦ったらもう、ダメですね。
こういう時こそ、深呼吸して、静かに息を吐きながら、途中でぐっと下腹に力をいれ、
呼吸を止めて集中してみます。

試して下さい。うわずっているときは、リーディングはできません。

怖いビジョンを見るとき、自分が魔界に行っている人がいますが、魔界に行くなんて
普通はありません。魔界から這い上がれませんから、堕ちています。

結構わかりやすいと思いますよ。

怖いビジョンを見るときは、場所ではなくて、物だったり、生き物だったりなので、
区別できます。

出来ない言い訳というのを本日もう一つのブログで書きましたが、
リーディングも「向き合った」人は続けているんだと思います。

避けた人は悪口言っているか、自責しているかなのかもしれませんね?
いやいや、分からないですから、本気にしないで下さい。確認していません。

確認していないことは滅多に口にしてはいけないですね。これが噂になる原因ですから。
自分には不必要だと判断する事もあるし、その判断も必要だと私は思いますので、
責めてはいません。

他人の悪口を言って自分の正当性を言うのは、自己評価が低い人がすることです。


もしも、リーディングは本物なんだと思って、それを習得できるまで、やってみると
向き合えたら、「出来ない」事も「今はここまで出来る」に取り組んでいきます。

そして、まだ先があることに努力をしていこうとする気持ちになります。

思考の部分で解釈が出来ないという所ですが、いくつか癖を感じます。
1 受動態で思考している。
2 確認をしていないから、自分の思考なのか、リーディングしているのかの区別がつかない。
3 最後までみていない。

ここが大きな特徴でしょうか。
能動的な行為をしている方を解釈していかなければいけません。
そして、自分が考える思考の事をビジョンが伝えているのか、確認する。

確認しないと、不安は消えませんし、ミスをしている事の方が多いです。

リーディングはその人の思考の癖がでます。
鬱にやりやすいかどうかがわかりやすいかもしれません。

妄想が入りやすいところなので、その妄想とリーディングの回答との区別を
冷静に判断出来るようになることは、自分の悩みの時も冷静に判断力がついていきます。

今妄想して、ネガティブに入ると分かります。

妄想との区別が出来ているかは、練習しかありません。
その練習をしていないと、リーディングは後退する可能性が高いので、常に、
答え合わせか出来る状態を作っておくのは大切だと思います。

スポンサーサイト



鶴木マキ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。