FC2ブログ

トライカウンセラースクール

トライカウンセラースクール情報

学ぶ前に

Posted by 鶴木マキ on   0 

スクールで学びたいという時、必ず心にとめてほしいことがあります。

能力者になりたい、なれるという言葉に惑わされないでほしい。

霊感を学ぶのでもなければ、占いを学ぶのでもない。

逆に言えばリーディングをできるようになった時、それは何にするのだろうか。
使い道ないじゃないかというのなら、私はそれこそ本物だと思う。

それは自分の精神力のためだから。
お金に変換しようとする気持ちはもう危険な始まりです。

心の学びの一つだとまずは心においてほしい。
その学びは自分に負けない、できないから逃げない、精神力をつけているのです。

まずそこが出来上がらないと神とのつながる「静寂な心」に持っていく瞬間ができない。
集中する心に持っていけない。

次にリーディングができるようになった時、変わる人がいる。
特徴が顕著なので話しておきます。

「偉くなる」人がいる。奢る心が生まれるのです。

恐ろしい心です。はすなに教わったと思わなくてもいいけど、自分一人で勝ち取ったように偉くなる。
人に上下を付け始め、裁き始める。
自分の力はたいしたことないと思わないから、始末がおえない。
掌を返す程、人が変わる。

自分は「できていない」を認めようとせず、「できると言って次にできないというのは、金儲けをしたいからだ」
と、陰で言い始める。
面白いほど、「お金」に反応する。ピリピリと目くじらを立て始める。

その瞬間、私に牙を向けてくる。他人に対してそこまで失礼な言い方ができるのか?と
思う程言ってくるから、すぐわかる。

自分に力がついたと思った瞬間、魔物が入り込む。
その魔物は「正義」と思いこませて、自分の奢りを高ぶらせる。

リーディングは神とのつながりです。決して揺るがない心は
「神が教えてくれている。繋がれていることに感謝している」

そのことを忘れて、「はすなが認めないのは、金のため」と言ってくる・・・笑える位、みな同じ。
いやいや、本当にできていないのに、できると言ってしまったら、それこそ嘘を教えた事になる。

繋がれていることに感謝している人は、とても謙虚です。
こうして、ここに来れた健康に感謝、気づきに感謝、生活できることに感謝と自分の力だとは決して思っていない。

この心を穢したとき、感謝するどころか、私は凄いになり、弱いものや集団になって強いものへと変貌して攻撃を始める。
味方を沢山得ようと陰でコソコソ始める。

しかし、神様は見ています。

感謝のある人は「自分は力がないから、神の繋がりをずっと保っていたいという気持ちを持ち続けています」
卒業生の方でラボの方々はその気持ちが続いています。

しかし、ここまで来るのが並大抵じゃない。精神力の戦いがずっと続くので。

「できない」理由を私のせいにしたのもわかる。

しかし、心が間違っていたら、「できる」ようにならないを理解しほしい。
できるようになった瞬間、「できなくなる」がおきる。
当然なのです。

これは、全員経験します。なぜなら、今の自分が悪いと気づく人か、他人のせいにして自分を守るかの
二手に分かれます。人の姿があぶりだされた時です。

気づきがある人は必死にもがきます。できないことに歯を食いしばって、これでもかとなっていきます。
その姿は忍耐なんでしょう。自分に勝った時、安定してできるようになります。

それでも、多分できるようになったと思わない。ならなら、自分は能力があるとなっていないから。


「できる」はイコール神様と繋がって、教えていただけている状態です。
自分の力が付いたわけではありません。

そのことが分かったら、自分に何がいけないのかを知ろうとするはず、
教え方が悪いとか金欲しさに卒業させないと他人のせいにすること自体、
自己反省もなければ、神から知らせを受け取ろうという気づきの姿勢もない。

そういう人にリーディング「神と繋がる」方法をマスターさせることは神様も、私もさせません。

永遠に神の言葉から離れることになる。「神の言葉を教えていただける姿勢」を教わっていると思ってほしい。

スポンサーサイト



鶴木マキ

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。